ファミリー・サポート・センターとは

 

和光市では、子どもを預けたり・預かったりする活動 (ファミリー・サポート・センター事業)、お母さんが産前や産後を安心して過ごせるようお手伝いする活動(産前・産後サポート事業)の二つの活動を行っています。

これらの活動は依頼したい方、協力できる方が行う、有償のボランティア活動です。子育ての手助けをして欲しい人(依頼会員)と手助けができる人(協力会員)で地域のネットワークをつくり、会員による育児の相互援助活動ですので、いずれも事前に会員登録をお願いします。

センターホームページ(下記URL)から、WEBからも登録できます。

申込み方法など詳細につきましては、こちらをご覧ください

協力会員になるためのサポーター養成講座については、こちらをご覧ください。 

 サービス名 利用できる時期   内容

 産前・産後サポート

 (ファミリー・サポート・センター事業)

 妊娠中~生後56日まで

※早産・多胎等の場合は、期間が延長される場合があります 。

 お母さんが妊娠中や産後を安心して過ごせるよう、家事や育児を地域でサポートします。

 家事援助 / 料理・買い物・洗濯・掃除・その他日常的な家事

 育児援助 / 授乳・新生児の身の回りの世話・沐浴の介助・上の子の世話

 ファミリー・サポート

 (ファミリー・サポート・センター事業)

 生後57日~小学6年生まで  保育時間外・冠婚葬祭・通院・リフレッシュ時・登校前や放課後の預かり、保育施設までの送迎等、育児を地域でサポートします。

 

 

平成31年4月1日から、下記の事業所に業務委託いたしました。

入会、利用の申し込みについては下記連絡先(センター)にお願いいたします。

センターは、会員みなさまの相互援助活動のコーディネート・会員同士の活動が円滑に安全に行われるようにフォローしています。 

 

<和光市ファミリー・サポート・センター> 

特定非営利活動法人病児保育を作る会

和光市ファミリー・サポート・センター運営事務局 

埼玉県川口市東川口4-2-20-102 プロミネンス2

電話:090-6530-0961(平日9時~16時)

FAX:048-295-7667 

メールアドレス wakofamisapo@cap.ocn.ne.jp

ホームページ https://wakofamisapo.janken-pon.net/

 

援助してほしい人(利用会員)と援助できる人(サポート会員)による地域の助け合いで、お子さんの風邪や発熱の際の預かり、宿泊を伴う預かり、保護者の体調不良等での緊急的な一時預かりを行う「緊急サポート事業」もございます。

緊急サポート事業についてはこちら

 

 保険適用について

ファミリー・サポート・センターの補償保険の制度では、活動に伴って新型コロナウイルスに感染した場合、補償の対象とはなりません。併せて、風邪やインフルエンザ等も含め、疾病は対象となりません。

ファミリー・サポート・センターの補償保険については、センターのホームページにてご確認ください。 

お問い合わせ

担当名:ネウボラ課 母子保健担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所4階

電話番号:048-424-9087 FAX:048-464-1926

メールアドレス:ネウボラ課アドレス