twitter 携帯サイト 自動翻訳 Transklate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > 地域福祉 > 埼玉県思いやり駐車場制度について

埼玉県思いやり駐車場制度について

埼玉県思いやり駐車場制度(パーキング・パーミット制度)令和5年11月より

 埼玉県思いやり駐車場制度(パーキング・パーミット制度)とは、障害のある方や要介護状態の方、妊産婦の方など、歩行が困難と認められる方に「利用証」を交付し、公共施設や商業施設などに設置されている「車椅子使用者用駐車区画」及び「優先駐車区画」の適正利用を推進する制度です。(令和5年11月1日制度開始)

 利用する際は、申請が必要です。

 

利用証の交付基準

 利用証は、障害者手帳、難病関係受給者証、介護保険被保険者証、母子健康手帳などをお持ちの方のうち、交付基準を満たす方が交付を受けることができます。

 利用証の交付基準(145KB; PDFファイル)

申請方法

 交付申請書(埼玉県ホームページからダウンロード等)に必要な書類を添えて、埼玉県への電子申請又は市役所での窓口申請ができます。


1.電子申請

電子申請

 県電子申請システムから申請を受け付けます。利用証は、後日、県から郵送されます。

 電子申請や制度の詳細に関しては、下記埼玉県のホームページをご確認ください。

埼玉県思いやり駐車場制度(パーキング・パーミット制度)(外部サイト)

埼玉県思いやり駐車場制度(パーキング・パーミット制度) 利用証交付申請 県電子申請システム(外部サイト)

2.市役所窓口での申請(土・日曜・祝日を除く) 

 窓口に、(1)交付申請書(37KB; MS-Wordファイル)、(2)必要な添付書類(145KB; PDFファイル)をお持ちください。

 障害者等・高齢者等・難病患者・けが人等…地域共生推進課

 妊産婦…ネウボラ課

利用証の種類

 対象となる方に交付される利用証には次の3種類があります。駐車時にルームミラーに掛けて使用します。
利用証の画像

利用証の返却や破棄が必要な場合

・交付基準を満たさなくなった場合

・利用証が不要になった場合

 返却又はご自身で裁断・破棄してください。返却先は交付窓口までお願いします。


・利用証を他人に貸して使用させたり、あげたりしたとき

・利用証を重複して交付を受けたとき

・その他、制度の運用に支障を生じさせたとき

 これらに該当する場合は利用証を返却していただきます。

駐車スペース設置協力施設を募集しています

 誰も安心して駐車できる社会にするために、駐車スペースを設置のご協力をお願いいたします。協力施設としての届け出は、埼玉県の電子申請システム(外部サイト)でおこなってください。