和光市南浄水場第3配水池建設

 和光市の水道事業は、昭和34年4月の給水開始以来、社会環境の変化に対応しながら、数次の拡張事業を重ねてきました。平成11年に第8次拡張事業の認可を受け、更に平成16年に第一回変更を行い、計画給水人口を85,000人、計画一日最大給水量を35,000㎥/日として、現在に至っています。

 
 第8次拡張事業では、南浄水場に第3配水池の計画が明記されており、災害等で配水池への送水停止を想定した貯水能力の増強を図る中、東日本大震災後、一層重要と考えられ、震災等非常時における安定給水のためには欠かせない施設であることから、ステンレス製の第3配水池(6,000㎥)を建設することになりました。

 

 また、平成6年に建設された南浄水場の既設配水池(第1・2配水地 各7,000㎥)については、建設より20年以上が経過していることから配水池内の改修工事が近い将来に必要となります。その際、2池体制のまま、1池のみの運用で、改修工事を行うことは、リスクをともなうだけではなく、災害時等における給水の確保などについて、大きな不安があることから、第3配水池の建設が必要とされました。

 

 これらのことから、平成27年6月から南浄水場に第3配水地の建設工事を実施してきましたが、平成29年3月に完成し、平成29年4月1日より配水運用を開始しています。

 

これにより、南浄水場の3つの配水池の容量は計20,000㎥となり、酒井浄水場の4,200㎥と合わせて、最大24,200㎥を貯留することが出来ます。これは、和光市全体で1日で使用する水量と同じ量になります。

 

和光市水道事業では、これからも市民の皆さまに、安心・安全な水道水をお届けできるように、施設の適切な更新を実施してまいります。

 

お問い合わせ

担当名:水道施設課 水道施設担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所2階 FAX:048-463-2155

メールアドレス:

給水担当 電話番号:048-463-2153

水道施設担当 電話番号:048-463-2154