水道施設課からのお知らせ【濁り水の対応】

濁り水について(赤い水) 

  ※安全性について

 赤水の主な成分である鉄分は、人体への吸収率が低く大部分が排出されるので、少量の赤水を誤って飲んでしまったとしても、有害ということはなく特に心配はありません。ただし、乳幼児や金属アレルギーの方は注意が必要ですので、お気をつけください。

 

 ※対策について

 コップに水をとって明らかに赤いときは飲用しないでください。赤い水が出たときは、しばらく水をながしきれいになってから飲用してください。

 

濁り水について(白い水)

 ※安全性について

 白い水は、細かい空気が混ざりこんだ水になりますので、人体に影響を及ぼす心配はありません。

 

 ※対策について 

 細かい空気が混ざりこんだ水なので、コップ等に汲んだあと、少しすると透明な水に変わります。特別な対策は必要ありませんので、安心してご使用ください。

 

 

 ☆ 透明な水にならないときや、水道水の水質について、お気づきの点がございましたら、下記までお問い合わせください。 

お問い合わせ

担当名:水道施設課 給水担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所2階

電話番号:048-463-2153 FAX:048-463-2155

メールアドレス: