twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 都市基盤 > 交通 > 交通安全 > 高齢者の交通安全 > 道路交通法の改正について(75歳以上のドライバーの認知機能チェックの強化)

道路交通法の改正について(75歳以上のドライバーの認知機能チェックの強化)

道路交通法の改正により、75歳以上のドライバーの方は、免許更新時や臨時検査等で認知機能チェックが強化されます。 (平成29年3月12日施行)

概要については、以下のとおりです。

●免許更新時には・・・ 

・「認知機能検査」で「認知症のおそれあり」と判定された人は、専門医の診断が義務付けられます。

→ 現行制度では、免許更新時の認知機能検査で「認知症のおそれあり」を示す「第1分類」と判定されても、過去1年間に特定の違反行為をしていなければ専門医の診断を受ける必要はありませんが、改正後は「認知症のおそれあり」と判定された人全員が専門医の診断を受けなければなりません。

レベル: 情報※75歳以上のドライバーが免許証の更新をするためには、更新機間満了日の前6ヵ月以内に認知機能検査と高齢者講習を受ける必要があります。(75歳以上は、更新期間満了日での年齢) 

・「認知機能検査」の結果により、高齢者講習の時間が延長されます 。

→認知機能検査で、「認知症」や「認知機能の低下」のおそれを示す「第1分類」「第2分類」と判定された場合、講習時間が長くなります。

●規定の違反行為をしたら・・・

・臨時に認知機能検査が実施され、「認知症のおそれあり」と判定された人は、専門医の診断が義務付けられます。また、検査の結果により「臨時高齢者講習」が実施されます。 

 

改正について詳しくはこちら(埼玉県警察のホームページ) 

お問い合わせ

担当名:道路安全課 交通安全担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所2階

電話番号:048-424-9157 FAX:048-464-5577

メールアドレス: