twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 都市基盤 > 住宅・建物 > 建築審査 > 被災建築物応急危険度判定士

被災建築物応急危険度判定士

 応急危険度判定士とは、地震災害時に被災した建築物が余震で倒壊や転倒する危険性の有無を判定し、警告等を行う者をいい、二次的災害を防止することを目的としています。地震災害が発生した場合、被災地の要請により現地入りし、ボランティア活動で建物の危険度を判定します。

 応急危険度判定士の資格は、所定の資格(一級、二級、木造 建築士等)を有する方が埼玉県の新規登録者向け講習会を受講することで取得できます。

 市では、市内在住もしくは在勤している応急危険度判定士(埼玉県にて登録)のネットワークへの参加をお願いしています。
 地震により市内に建物被害が多数発生した場合の判定活動や、地震により被災地から判定士派遣の要請があった場合には、ネットワークを通じ協力可能な判定士を募って現地で判定活動を行います。
 このネットワークへの参加を希望される方は、電話やメールにてお問い合わせください。

  

お問い合わせ

担当名:建築課 審査・住宅担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所2階

電話番号:048-424-9134 FAX:048-464-5577

メールアドレス: