和光市まちづくり条例

2019年06月18日 17時14分

和光市まちづくり条例について(平成27年10月1日 施行)

経緯 

和光市まちづくり条例では、500平方メートル以上の開発行為等を対象に、開発行為等の基準を定めていました。 

 まちづくり条例の概要(平成19年施行時)(758KB; PDFファイル)

改正前の条例では、雨水の冠水やごみ処理などで問題が生じていました。

安全・安心なまちづくりを推進するためにこれまでの適用対象を見直し、併せて連続する敷地での規制が改正されました。

 平成27年改正の概要(1566KB; PDFファイル)

 

一部改正の主な内容(平成27年10月1日 施行) 

 ⑴ 小規模開発行為等において、次のものを適用対象に加えます。

   ア 開発行為等を行う区域面積が300平方メートル以上500平方メートル未満のもの。

   イ 建築基準法第42条第1項第5号の規定による道路の位置の指定を受けるもの。

 ⑵ 小規模開発行為等に対し、雨水流出抑制対策、建物敷地の最低限度、ごみ集積所等の確認の基準を新たに設けます。

 ⑶ 開発行為等の手続の適用対象に、共同性及び一団の土地の開発行為等の規定を加えます。

開発行為等を行う場合の手続について 

 

開発行為等を行う場合には、市長との協議等の手続が必要になります。

この条例では、まちづくりに大きな影響を与える一定規模以上の開発行為等が適切に行われるよう、近隣住民等に対する説明、市長との協議、工事完了検査等、計画の段階から工事の完了に至るまで一定の手続を定めています。

対象となる開発行為等を行う場合は、これらの手続が必要となります。

 

和光市まちづくり条例及び都市計画法に基づく開発行為等の手続(425KB; PDFファイル)

関係条例について(都市計画法)

都市計画法に基づく市街化調整区域における開発許可等の基準に関する条例

       http://www1.g-reiki.net/wako/reiki_honbun/e330RG00000464.html

都市計画法に基づく市街化調整区域における開発許可等の基準に関する条例施行規則 

       http://www1.g-reiki.net/wako/reiki_honbun/e330RG00000469.html

都市計画法に基づく開発行為等の手続に関する規則

        (http://www1.g-reiki.net/wako/reiki_honbun/e330RG00000450.html)

 

 

 

  ↑ページトップへ 

adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
バナーをクリックすると新規ウィンドウが開きます。

お問い合わせ

担当名:建築課 開発指導担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所2階

電話番号:048-424-9136 FAX:048-464-5577

メールアドレス: