ここから本文です。

令和2年1月6日 年頭のごあいさつ

令和2年1月6日(月曜日)、市長が年頭訓示を行いました。内容を掲載いたします。

  市長の松本でございます。あけましておめでとうございます。
  皆様には、健やかに新年を迎えられたことと心からお慶び申し上げます。
  和光市役所の令和2年の仕事始めにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。
  昨年は、東武鉄道株式会社の和光市駅南口駅ビル工事が進展し、9月には南口側にエレベータ、エスカレータが設置され、さらに12月には一部店舗が先行オープンしました。新たな和光市駅の顔が徐々に見えはじめ、今年春の全面オープンが楽しみです。また、昨年11月には新倉3丁目にある午王山遺跡が国指定史跡となることが事実上決定し、今後は関東一円でも随一の弥生遺跡として、地域の賑わいと文化の拠点として、整備していきたいと考えております。
  また、恒例のSUUMO「住みたい街ランキング2019関東版」では、一昨年の総合圏外、昨年の42位から33位と着実に人気を上げ、「穴場だと思う街ランキング2019関東版」では3年連続して3位と「不動の穴場」として認知されています。
  さらに、アニメツーリズム協会の「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」にも2年連続して選定され、ネット上では「聖地に行ってきました」のコメントとともに、和光市内で撮影した写真をアップロードする方も多く、和光市の認知度がさらに高まった1年であったと実感しています。
 さて、本年は、市制施行50周年を迎えるとともに、東京オリンピック・パラリンピック競技大会射撃競技が開催となるなど記念すべき年であります。各種の事業やイベントが数多く展開されることになり、全ての職員が力を合わせる年であります。
 東京オリンピック・パラリンピック関連では、この3月に南口の駅ビルがホテルを含む全面オープンとなり、駅前広場や駅前通りの改修も終え、万全の態勢で東京オリンピック、パラリンピックに臨むことになります。多くの市民に各種のボランティアへご応募いただいているほか、様々な団体が開催時期におもてなしや記念のイベント等を計画していると伺っています。市民総ぐるみでもてなし、皆で楽しみましょう。
 都市計画分野では、駅北口の高度利用化計画においては、2月にパートナー事業者が決定する予定です。土地区画整理事業と相乗効果が図れるよう構想を具体化してまいります。また、東京外環道新倉パーキングエリアについては、今後の外環道の東名高速への延伸を機に、地域振興に向けた拡張、サービスエリア化を推進すべく先月に国土交通省に陳情活動を行いました。1月中には関係各機関から委員を派遣していただき、検討会を立ち上げて具体的な内容を協議してまいります。さらに、和光北インター東部地区のまちづくりにおいては、県の国道254号バイパス延伸事業や午王山遺跡プロジェクトとも連携しつつ、賑わいのある、災害に強いまちづくりに向けて、組合設立の準備を進めます。
 福祉の分野では、地域包括ケアシステムの再出発の年と位置づけ、不祥事にかかる裁判の進捗や第三者委員会での議論を踏まえ、事実関係の把握や再発防止、信頼回復に全力を尽くしてまいりますとともに、人生100年時代にふさわしい、地域包括ケアシステムを再構築してまいります。
 産業振興の分野では、1月1日施行の産業振興条例に基づき、市内商工業を盛り上げるための具体的な施策の第一弾として、市内事業者が理化学研究所の技術を活用できる仕組みを構築します。
 職員の皆さん、冒頭にも申し上げましたが、当市はいま、介護予防、ネウボラなどの福祉分野から公共施設マネジメント、都市計画まで、様々な分野で大きな注目を集めています。一方で、公務員倫理の根幹を問われる、大変残念な事件が起きてしまい、その対応においても全国からの視線が集まっています。
 従来から「李下に冠を正さず」とは申し上げてきましたが、改めて公務員倫理にのっとり、全体の奉仕者としての自覚を持ち、住民福祉の充実に努めてまいりましょう。私も組織の信頼回復の先頭に立ち、全力を尽くして参ります。
 結びに、皆様の日ごろの市政へのご理解とご協力に心から感謝申し上げますとともに、今年一年の皆様のご多幸とご健勝を心からお祈り申し上げ、年頭のあいさつとさせていただきます。
 

 令和2年1月6日                      

 和光市長                                

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 秘書担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9084  FAX:048-464-8822

メールアドレス: