ここから本文です。

平成28年1月4日 年頭のごあいさつ

2016年01月05日 10時02分

平成28年1月4日(月曜日)、庁内放送において年度当初のあいさつを行いました。
内容を掲載いたします。

 市役所にお越しの皆様、 職員の皆様、あけましておめでとうございます。

  皆様には健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。和光市役所の平成28年の仕事始めにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

 昨年は、福祉の分野では、和光市の介護予防、子育て支援等にかかる施策について安倍晋三内閣総理大臣が視察され、総理と直接対話された和光市民の声が一億総活躍社会づくりの参考になり、国の施策にも生かされていくことと思います。

 まちづくりでは、土地区画整理事業の着実な進展の中、昨年5月にオープンした和光北インター地域の東京北部郵便局は日本郵便の屈指の戦略拠点となり、上田清司知事による視察のほか、多くの取材が殺到するなど、和光市があらためて全国的に注目を集めた年でもありました。

 本年は、長年の課題である国道254号バイパスの延伸について、その布石となる、北インター付近の水道道路拡幅工事が始まる予定です。遅れていた当市の都市基盤整備事業が大きく動く一年になると確信しています。

 また、4月に新設の下新倉小学校が開校します。図書館分館、児童館・保育クラブを併設し、学校と地域が交流できるまちづくりの拠点として、和光市の北側の発展の象徴となる複合型施設として積極的に活用を図りたいと考えて います。

 待機児童が課題となっている保育園では、小規模保育事業所の開所を予定しているほか、白子3丁目の市有地にキッズエイド吹上保育園を誘致し、4月には定員70名でオープンする予定です。

 まだまだ成長し続ける、和光市を象徴する事業です。

 さて、職員の皆様、昨年の仕事は100点満点で何点だったでしょうか。そして、今年の課題やテーマは何でしょうか。一年の計は元旦にあり、とよく言われますが、今年の仕事における課題やテーマを明確にしておき、一年間意識し続けることをお勧めします。

 むすびに、皆様の日ごろの市政へのご理解とご協力に心から感謝申し上げますとともに、今年一年のご多幸とご健勝を心からお祈り申し上げ、年頭のあいさつとさせていただきます。

 

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 秘書担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9084  FAX:048-464-8822

メールアドレス: