平成24年度小学生市長室訪問事業

2013年08月21日 13時49分

 

日時

平成24年8月21日(火曜日)、22日(水曜日)
各日とも10:00~12:00

場所

  • 市長室(見学、写真撮影)
  • 市役所3階 庁議室(懇談、集合写真撮影)
  • 市庁舎各フロアー(見学)
  • 市民文化センター(サンアゼリア)大ホール(客席及び舞台裏見学)

参加者

  • 小学生(児童会役員)とその保護者 延べ28人
    ※各小学校小学生親子2組ずつ(北原小学校及び本町小学校は1組)
  • 市側出席者
    松本市長、大久保教育長、上篠教育部長、秘書広報課職員

市長と小学生の懇談内容

【8月21日(火曜日)】
小学生:和光市のことですごく問題になっていることは。
市長:白子小学校の生徒がいっぱいでまだまだ増えるので、新しい小学校を作ることが大きな課題となっている。

小学生:市長になったきっかけは。
市長:市長の前に市議会議員をやっていたが、10年後20年後の和光のまちづくりを計画的に市民と一緒にやっていくために、市長になろうと思った。

小学生:和光市が新しく取り組もうとしていることは。

市長:和光市は介護予防が有名。皆が一生幸せになるための仕組を作るために、健康づくり基本条例に取り組んでいく。また、和光市駅北口の開発が大きな課題。設計図はもうできていて、しっかりと進めていく。

小学生:和光市の珍しい条例はありますか。
市長:和光市が先駆的に取り組んだ条例は、建物の高さ制限を設けたもので、県内で一番最初だった。(今は多くの自治体が制定している。)古いものでは、昭和30年代に空地の管理に関する条例が作られた。

小学生:これからの和光市をどんなところにしたいですか。
市長:和光市の目指す姿は「住みやすいまち」。緑が多くて、便利性をより高めたまちへと整備して行きたい。

小学生:和光市のいいところは。
市長:便利だけど多少田舎っぽい暮らしができるところ。東京の中心まで1時間以内で行けるし、来年の3月には横浜まで乗り換えなしで行けるようになる。一方で、畑がいっぱいあり、今の時期、白子の大坂ではクワガタムシも獲れる。すごく便利だけどスローライフも楽しめるというバランスの良さがいい。

小学生:和光市の中で好きな場所は。
市長:今はないが、新倉小学校の前の細い道を進んで曲がったところに畑がたくさんあり、その畑の中から富士山をはじめとするいろいろな山と町並みが見えて、夕焼けがきれいだった。また、越戸川と谷中川の合流地点は、水温の違いが楽しめて面白い。白子郵便局付近の大坂ふれあいの森は、カブトムシが獲れるいい場所。

 

小学生:市長になって良かった出来事は。
市長:最近のことで言うと、駅前通りを整備して、右折スペースを作って渋滞が解消された。市民から「道路がきれいで便利になった」と言われると嬉しい。

小学生:市長になって大変なことは何ですか。
市長:市民が「これがいい」と思うことは様々。例えば、駅前通りの整備にも賛成と反対と両方の人がいて、調整に半年かかった。古い話では、総合福祉会館の建設の際も、必要だと思う人と無駄だと思う人がいた。議論をしっかりやることが難しいけれど重要で、議会に納得してもらう努力も大切。

小学生:市長の子どもの頃の夢は何ですか。
市長:宇宙のことが大好きで、宇宙物理学者になりたかった。

小学生:好きなテレビ番組は何ですか。
市長:テレビはあまり見ないが、「ほこ×たて」(フジテレビの番組)は毎週見ている。

保護者:8月1日に組織改正があったが手ごたえは。
市長:市民に危機管理を訴えるために危機管理室を作ったことが大きい。また、今までは計画を作成する部署と予算を作成する部署が別のところにあったが、一体化されて連携が良くなった。

保護者:和光を中心に、都営三田線を延伸させる計画はないのか。
市長:東武鉄道が土地を売ってしまったので、残念ながら計画としては廃止されている。市としては、バス会社にバスの運行を要望している。市内循環バスが来年4月から新しいルートと時間割になるので、西高島平に近い所にバス停ができて便利になると思う。

保護者:大和中学校に子どもが入ったが、部活の面で不自由が多い。陸上部や水泳部がなく他の学校に行ったり、グランドが狭かったりするが、改善できることはあるか。
市長:北側に中学校がないので、仮に中学校の建設が実現すれば、ある程度解消できると思う。

保護者:図書館での貸出数が増えたが、蔵書数を増やしたり図書館を新設したりする計画は。
市長:具体的な計画は今のところないが、下新倉に建設予定の小学校の図書室は地域に開放することを考えている。

  

【8月22日(水曜日)】
小学生:なぜ市長になったのか。
市長:市議会議員として議員に在職していたが、計画的なまちづくりをしたいと思うようになったから。

小学生:市長として仕事をしていて、一番嬉しかったことは。
市長:例えば、右折レーンの設置などにより駅前通りの整備をして、市民から「良くなった」と感謝されたときは嬉しい。

小学生:(朝霞などのように)和光でもスポンサーをつけて花火大会を実施してほしい。
市長:花火大会を実施することは、現実的には今のところ考えていない。ただ、スポンサーを募って事業等を企画、実施することは既に取り入れており、今後もそうしていく。

 

小学生:英語の授業を増やしてほしい。
市長:予算の関係もあり、すぐに授業を増やすことは難しいが、英語の授業を増やすことは重要だと考えている。

小学生:市長の仕事で大切なことは何ですか。
市長:いろいろな行事に出席して、市民や団体の人と直接会い、コミュニケーションをとるようにしている。そこからまちづくりの課題が見えてくることもある。

小学生:今日の午後の予定は何ですか。
市長:来客が2件ある。

小学生:好きな動物は何ですか。
市長:メダカ。家で飼育している。

小学生:嫌いな食べ物は何ですか。
市長:ない。何でもよく食る。好きな食べ物は肉(トンカツ)。

小学生:(わこうっちポロシャツを見て)夏はその格好で仕事をしているのですか。
市長:クールビズでポロシャツを着用しているが、場面に応じてスーツを着ることもある。

小学生:わこうっちポロシャツは誰が作ったのですか。
市長:わこうっちの作者は市民で、一般公募して投票の結果決まった。ポロシャツの作成は、若手の職員が考え出した。

小学生:わこうっちのお父さんやお母さんを作ってはどうですか。
市長:秘密。わこうっちの妹「さつきちゃん」は、市の花さつき。さつきとツツジとの違いは難しいので調べてみてください。

小学生:スーツは何着持っていますか。
市長:10着以上20着未満。

 

市長室訪問の様子

  

市庁舎見学の様子

    

市議会議場見学の様子

   

市民文化センター(サンアゼリア)見学の様子

   

集合写真
        

  
             8月21日                            8月22日

参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました!

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 秘書担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9084  FAX:048-464-8822

メールアドレス: