第1回どこでも市長室 開催記録

2012年08月08日 10時04分

第1回 どこでも市長室 概要

期日

平成21年7月8日(水曜日)

場所(時間)

  • 勤労青少年ホーム(13時30分~14時30分)
  • 新倉高齢者福祉センター(15時~16時)

勤労青少年ホームでいただいたご意見・ご要望(参加者25人)

  • 田中元市長のとき、月見ヶ丘住宅は環境が整っているので、区画整理区域から除外すると言っていた。
  • 区画整理区域のアミははずせる。ただ、それをやる市長がいなかっただけである。怠慢である。
  • 都市計画道路用地(宮本清水線)になっているが、住宅が点在している。
  • 今日の懇談は、陳情の場ではなく、市の将来のことについての意見交換の場である。
  • 新倉高齢者福祉センターに網戸がなく風通しができないので、クーラーを使っていることからCO2が排出される。網戸については、以前から要望しているが、予算化されなかった。センターの窓に網戸を取り付けて欲しい。クーラーの使用も減り環境にも優しい。
  •  来年3月に卒業する肢体不自由児の就労場所がない。さつき苑の利用も無理そうである。市として何とかならないか。(さつき苑では実習は受け入れるが・・・)家族は疲れている。
  • 北口は、南口と比べると差別されている。いなげやのところまで照明が暗い。山屋のところは歩道もなく危険。また、街並みに合わない原色(ピンク・オレンジ)のワンルームマンションがある。景観に配慮したまちづくりをして欲しい。
  • 手話通訳派遣事業を市の単独事業として行って欲しい。近隣3市ではすでに行っているので参考に。
  • 全住連、和光ハイツの日照についての陳情は、先の6月議会で不採択となった。委員会でもあまり論議されてなかった。
  • 年金からの市県民税特別徴収について。4期から6期になり12月に徴収されると、お金がかかる時期なので困る。今年の6月広報で周知していたが、徴収される時期の掲載では遅い。もっと早くわかっていたのであれば、市の情報は早く出すべきではないか。
  • 選挙に行く市民は40代以上の世代で20~30代が少ない。このような形で市民の声を聞くことはよいことであるが、これで全部聞いたことにはならないのでは。若い人が、興味を持ち参加できるようにしたらどうか。携帯電話で投票ができたらいい。
  • 市内循環バスは便利であるが民間バス利用に対する補助も考えたらどうか。コストを比較して市民のためになる方法を検討して欲しい。個人的には、バスの本数など利便性から民間バスの利用に対する補助を望む。
  • 市内循環バスの運行本数を最低でも1時間に1本あるようにして欲しい。
  • 現在の循環バスは座席数が少なくなって逆に使いにくくなった。元に戻して欲しい。
  • 市内循環バスは無料でなくてもいいので本数を増やすとか、コースを充実するとかして欲しい。
  • 市役所ロビーに子どもの遊べるスペースがあってよい。しかし、給茶機がトイレのほうにあって不便である。コーヒーも出るがコーヒーは嗜好品なので不要。場所を自動販売機のあるところにして、水とお湯だけのサービスで十分。市民のために設置されているはずだが、市の職員がよく利用しているのはおかしい。
  • 和光市はお金があるといわれているが、近隣市は国の補助などを受け既にまちづくりが終わっている。国の財政も厳しく補助などが無くなっていくこれからの時期に和光市はやらなくてはいけないので大変だ。
  • 市が主催して8月に行われる平和事業をもっと盛り上げて実施して欲しい。

新倉高齢者福祉センターでいただいたご意見・ご要望(参加者56人)

  • 6月議会で不採択が2件あった。市長として大変な立場にいる。公約の実行に取組んでほしい。若い市長だからできる。期待している。
  • 下新倉地区に学校を建てることは必要であり賛成するが、市長のマニフェストでは箱物建設を凍結するとあるが葬祭場は必要なので是非作ってほしい。
  • 現在、親を在宅介護している。福祉の里を利用していたがショートステイがなくなったため追い出されたようである。特養も人数がいっぱいで入れない。近隣市(区)で何とか利用できているが、自分のまちでショートステイができないのはおかしい。ショートステイと在宅介護の差は大きい。ショートステイができる施設を増やして欲しい。
  • この高齢者福祉センターでチェスのボランティア講師を頼まれたとき、時給1,250円いただきありがたかった。民家園でも落語、紙芝居をボランティアでやったとき、前市長に2回ほど能力のある人の人材バンク(タレントバンク)を提案したのに、なしのつぶてだった。いろんな特技を持った市民がたくさんいるのでタレントバンクをつくってはみてはどうか。
  • 市職員の意識改革をして欲しい。いろいろな課に回された結果、最初の課に戻された。職員は、余計な仕事はやりたくない、責任はおいたくないと思っている。これではいい仕事はできない。
  • 外環側道の丸い花壇は不要であり、撤去して欲しい。夜間は見えづらく危険。歩道側にも街灯をつけて欲しい。
  • 駅北口の開発が遅れている。歩道の整備など道路整備に期待する。
  • 駅北側は道路が狭い。せめて消防車が入れるようにして欲しい。
  • 新倉高齢者福祉センターの設備は雨漏りなど老朽化が進んでいるので改善して欲しい。
  • 選挙の投票所の立会人の選び方、選任基準はどうなっているのか。
  • 市内循環バスの座席が変わって少なくなった。足の悪い人が座れないことがあるので座席を増やして欲しい。また、北コースと南コースの乗り継ぎも考えて欲しい。北側の人は総合体育館にバスで行けない。
  • 自治会から参加するように言われたが、市内ごみゼロ運動への参加は強制的なのか。
  • 外環側道のごみが多い。
  • 分別ごみの不適合シールに工夫をして欲しい。例えば、不適合のためこのごみはいつ集めるのかいつ出せばよいのかを不適合シールに記載するようにしたらどうか。
  • 「ぼけたらあかん」ということで、このセンターでサークル活動を楽しくやっている。
  • 市長がセンターに年何回か来て欲しい。
  • センターの周りは坂道ばかりなので、歩いてきたい人が来れない。市内循環バスがセンターまで来るように考えて欲しい。
  • 市長への提言箱をセンターにも設置してほしい。
  • 市内の掲示板(掲示物)を掃除しているが、期限の切れたポスターが多い。市で定期的に見回るとか、期限が過ぎたら剥がすことを貼る人に厳しく指導してほしい。

 

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: