第37回どこでも市長室開催記録(向山コミュニティセンター)

2019年05月24日 09時32分
◇第37回 どこでも市長室 概要

とき

平成31年3月25日(月曜日)15時~16時

 ところ

向山コミュニティセンター

参加者

21人

 

内容   

  市長から和光市のまちづくり構想、平成31年度施政方針、当初予算の概要、和光スポーツアイランド一部供用開始、平成31年度和光市第五小学校に学童クラブとわこうっこクラブを開設、広報わこう4月号(和光市の平成を振り返る)についての説明後、気軽なフリートークを行いました。説明資料は別添のとおり。

  

《参加者との意見交換》

◆まちづくり構想のお話の中で幹線道路をつないでいくというお話がありましたが、254バイパスが東京都のどこにつながるのですか?

◇都と県とで検討しておりますので、どこにつながるか現時点では決まっておりませんが、今回の計画でいうとオリンピック道路までの工事になります。地域の皆様のご意見は県に伝えていきます。難しいのは、マクドナルドの交差点と吹上観音の交差点が近い点です。オリンピック道路につなげたあとは既存の道路を活用する可能性が高いと思います。

 

◆来年度、白子川の堤防の設計があると聞いて安心しました。 私の家がすぐ上にあるので気になっていました。

◇新河岸川の協議会があり、その中で白子川の残っている部分の改修を県に市が要望してまいりました。来年度設計し、まだ川の中が自然のままの状態なので堤防整備をしたり、魚道を作ったりできたらと思っています。

  

◆自治会の補助金の拡充について詳しく教えてください。

◇自治会活動の保険加入を奨励する目的とする補助金と自治会が地域活動や事業を行う際に、他の自治会と一緒に事業を実施することにより、自治体同士の連携を深め、より多くの活動を推進することを目的とする補助金について自治会補助金として拡充します。

  

◆向山地域について、アクセスが悪くて不便です。循環バスの便が少なくて困っています。例えば市の健診などのイベントに合わせたバス時間などを作っていただきたいです。

◇バスは来年度1年かけて見直す予定です。予算が大きく増えるわけではないので、大きな増便などはできませんが、工夫して対応していきたいと思っています。

広沢の複合施設にお風呂の施設ができます。送迎バスを出す予定になっていますのでそれを市民に方々にも使っていただけるように交渉していくつもりです。

南口のバス停をふやすことで路線バスが増やせるかもしれませんので、この3つの視点で改善を図っていきたいと思います。

  

◆東京2020オリンピック・パラリンピックパンフレットは市役所でもらえますか?

◇はい。ご用意しております。1階及び3階秘書広報課にございます。

  

◆梶原選手を応援しています。もしオリンピック出場が決まった場合、和光市で支援や応援など考えていますか?

◇パブリックビューイングを行い、みんなで応援することは可能だと思います。場所など検討していきたいと思っています。

  

◆選挙の投票ですが、指定外の投票所に行くことはできませんか?

◇今回の選挙はすでに選挙管理委員会で投票場所が指定されていますので、ご意見は選挙管理委員会に伝えておきます。また、期日前投票がイトーヨーカドーの2階と市役所でもできます。

  

◆わこうっこクラブについて

若い世代への対応はよいが、お年寄りが生き生き暮らせるまちにしてほしいです。高齢者と子どもたちとの交流があり、まち全体で助け合って両方がハッピーになるような仕組みがあるそうですが、今回わこうっこクラブを開設にするにあたって高齢者と子どもたちとの交流などお考えでしょうか?

◇学童保育ではないのですが、みどり会というところがやっている下新倉の「みどり保育園」ととなりの高齢者施設は交流をしています。それから西大和団地にある「まちかど健康相談室」が春休み、夏休みになると交流のイベントを行っています。今後、保育園と近場にある高齢者がつどうところとの交流を増やしていきたいと思います。

  

◆和光市は治安は良いのでしょうか?

◇和光の治安はここ10年間で急速に良くなっていて、事件の発生件数が半分くらいになっています。ただ注意していただきたいのが振り込め詐欺や下着泥棒などの性犯罪が多くなっています。なにか事件がありましたら警察にご相談ください。そうすると重点的に巡回してくれます。

  

◆今回のどこでも市長室に参加したいという人がたくさんおられたのですが、働き盛りの人たちは平日の夕方という時間帯では参加できないので、土日や夜などに開催してはいかがでしょうか?

◇今回のようにお集まりいただけるのであれば、土日でも夜間でも開催いたします。どこでも市長室は平日にやることが多いですが時間や曜日を限定している事業ではありませんので、次回の開催は時間や曜日を調整したいと思います。

  

◆この地域には児童公園がないので、予算が厳しいと思いますが、今後、公園設置について頭に置いといていただければありがたいと思います。

◇公園を作るには土地を買う方法と借りる方法があります。1,000㎡あれば作るることができます。白子地域、向山地域に公園が少ないことは感じておりましたので、公園に適した規模の土地をお譲りいただけるか、お借りできるところがありましたら相談しながら公園を作ることができると思います。

  

◆空き家を借り上げて地域の集会所にしてはいかがでしょうか?近所にちょっと集まれるような場所があれば良いなと思っています。

◇現状では、この近くですと高齢者のグループホームがあり、その中のオープンスペースは市民の人にも活用していただけるような制度になっております。長寿あんしん課の担当に聞いていただければどのような申請で利用できるのかご説明できると思います。空き家の活用もしていきたいと思っていて、今後は、いかに空き家を活用して地域に還元できるかを検討していこうと思っています。

  

◆震災や災害があった場合、道路を安全に使うことはできますか?寸断されたり、他の地域から孤立するようなことにはなりませんか?

◇緊急輸送道路の指定しています。国道254号線、主要な市道は指定をしています。そこを使って輸送するので大丈夫だと思います。

  

◆防災について 避難場所が光が丘のほうが近いのですが、和光市民も光が丘に避難して大丈夫でしょうか。

◇練馬区と協定を結んでいるので練馬区民と同じ待遇を受けられますので安心して避難していただいて大丈夫です。

  

◆家の前の細い路地があり、車が通れないように車止めがしてあります。交換や修繕をしたい場合はどうしたらいいですか。

◇その道路が市の道路か、私道かによって対応が異なります。市の道路でしたら市が対応しますし、私道であれば持ち主の方がやることになります。地域の皆さんと私道のオーナーのハンコを揃えていただければ、ある程度の修繕費の補助がありますので、まずは担当にご相談のうえ、土地がどこが所有しているものなのかを調べていただいて手続きしていただければと思います。

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: