第30回どこでも市長室開催記録(わこう助産院)

2017年02月24日 18時15分
第30回 どこでも市長室 概要

とき

平成28年1月21日(木曜日)10時30分~11時30分

 ところ

わこう助産院

参加者

15人

 

内容   

 今回の「どこでも市長室」は、わこう助産院で開催し、近隣にお住まいの方やわこう助産院を利用している方々と市長が気軽なフリートークをしました。市長が下新倉小学校建設やキッズエイド吹上保育園開設の事業などの市のトピックスについて簡潔に説明した後、参加者から自由に意見をいただきました。



どこでも市長室の様子 どこでも市長室の様子

  

市のトピックスについて(市長)

 1.下新倉小学校の建設について

 下新倉小学校については、特徴としては学校だけではなくて、図書館、学童保育、児童センターを併設している施設になります。施設の再編が求められる中で、下新倉小学校は、和光市においての公共施設の複合化のモデルとして進めていきます。

 

2.キッズエイド吹上保育園の開設について

 平成28年4月に開設するキッズエイド吹上保育園は、市が土地を用意し、民間事業者の公募を経て開設します。特徴としては、保育クラブを併設しています。

 

3.南保育園の改装について

 小規模保育園から大規模保育園に入るための受入れ体制を整えるために改装をしています。

 

4.ネウボラ事業について

 和光版ネウボラについては、子育ての拠点を設置して、そこで産前から小学校入学前まで子育てのお手伝いをしてこうという制度です。フィンランド語で「相談の場」という意味があり、全国に先駆けて実施しています。

 

意見交換  ◆は参加者からの意見・質問 ◇は市長コメント

 ◆小規模園については、南保育園で受け入れるとお話がありましたが北側での受入れはどのようになるのでしょうか。

◇南保育園で受け入れるというよりは、すべての大規模園で受け入れることや幼稚園の預かり保育を利用することになります。

 

◆学童保育の定員の問題はどのように考えていますか。

◇公設の整備が難しい状況になっているので、民設の学童保育を増やそうとしています。キッズエイドでは、民設の学童保育を行っていきます。

 

◆4月から保育園に入れるタイミングなのですが、あぶれないようになるのでしょうか。

◇調整をしているが、希望のところに行けるとは言えません。

 

◆小規模が増えている中で、3歳児から保育園に入れるのでしょうか。

◇小規模は2歳までと期限が決まっているので、3歳には大規模園に入れることを考えているが、もし入れない場合には、小規模を1年延長することも考えています。

 

◆保育園によって保育の質にばらつきがあります。園庭がない保育園があり、冬場になって公園遊びに行っていない状況が見受けられます。園庭がなくても外に行くことが多い園もあるので、市から保育園に話していただけると良いと思います。

◇園庭のない保育園が多いので、市内の保育園の研修会や園長会議等で情報を伝えていきます。

 

◆小学校の給食の牛乳の問題があります。アレルギーがあると牛乳を飲めません。好き嫌いで飲めないのではない場合があります。給食で飲めない場合は、水筒を持参することを認めていただきたいと思います。また、夏場には熱中症対策で水筒は持参しても良いことになっています。

◇栄養士、栄養学の立場からいうと、給食のメニューを作成する際に、カルシウム等の面で牛乳が必要だと言われている。なるべく柔軟に対応できるように検討していきます。

 

◆学級閉鎖が起こった際など、働く立場からいうと、仕事を急に休むことが難しい状況です。保育園から学童保育になった際にギャップを感じていますので、学童での受入れ体制を柔軟にしてもらいと思います。

◇学童保育の7時受け入れの課題は問題として捉えているが、アンケートをするとニーズが少ない状況です。受け入れ時間の課題については、内部で検討していきます。

◆1歳時において、一時保育を利用しようと相談に行きましたが、給食で生クリームや缶詰などが出ることを説明された。個人的には子どもに与えたいと思えないので利用することをやめてしまいました。また、鯖などのアレルギーが多いものもリストにあったと思います。

◇給食には園ごとに個性がありますので、それをもとに選ぶのもひとつだと考えます。保育園専属の栄養士がいますので、アレルギーが多そうな物の実態を確認するようにします。

 

◆入園したその月の就労証明を出さなくてはならない。入園した月は慣らし保育や子どもが保育園に慣れていないので病気等で休むケースがあり、就労証明が出しづらい状況があります。さいたま市では、翌月の就労証明でも良いか聞いたことがありますので、和光市でも柔軟に対応できないでしょうか。

◇今後と課題として検討していきます。

 

◆新倉小学校の旧校舎の老朽化がひどいので建て替える予定はありますか。

◇新倉小も老朽化が進んでいますが、他の小中学校でも老朽化が進んでいる校舎があるので、順番に対応しています。

 

◆駅北口開発が進んでいくと思いますが商業施設できますか。

◇駅北口には駅前にロータリーができ、その周りには商業施設ができます。また、ロータリーに面した建物の1階には商店やオフィスが入ることになります。

 

◆保育料について、近隣と比べて上限が高いのかなと思います。3年後の意見として取り扱っていただきたいと思います。

◇東京は財政が豊かで埼玉よりも上限が低い現状があります。近隣市の状況を踏まえ考えていきます。

 

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: