第32回どこでも市長室開催記録(サンアゼリア大ホール)

2017年02月24日 18時17分
第32回 どこでも市長室 概要

とき

平成28年11月12日(土曜日)11時~11時30分

 ところ

サンアゼリア大ホール
今回は市民まつり開催中に和光市応援団長イベントと兼ねて実施しました

参加者

小中学生10人、一般6人

 

内容   

 今回の「どこでも市長室」は、2016和光市民まつりにおいて、SKE48松村香織和光市応援団長の一日市長事業を兼ねて実施しました。当日は、事前に申込みを受け付けた小中学生のほか、和光市応援団長事業で参加チケットを獲得した市内外からの参加者も松本市長、松村香織和光市一日市長と意見交換を行いました。松村一日市長が図書館下新倉分館開館やニッポン全国鍋グランプリなど市のトピックスについて簡潔に説明した後、参加者から自由に意見をいただきました。

松村応援団長とのどこでも市長室 松村応援団長と松本市長

  

市のトピックスについて(松村一日市長)

1.図書館下新倉分館開館について

 平成28年11月3日(木・祝)に、下新倉小学校内に図書館分館がオープンしました。新しくてきれいな図書館で、とっても快適に読書や勉強ができる図書館ができました。小学校の中にありますが、小学生だけでなく、中学生や一般の人にも開放している図書館ですので、下新倉図書館分館に行ってみてください。

 私が学生の時は、テスト勉強しようと思って図書館に行ってもいつも席が埋まっていたのを覚えています。新しい図書館分館は、席もたくさんあって、勉強もしやすいと思うので、学生の皆さんもぜひ使ってください。

  

2.ニッポン全国鍋グランプリについて

 参加者の中で、ニッポン全国鍋グランプリに行ったことがある人はどれくらいいますか。私も今年は鍋グランプリに遊びにきて、美味しい鍋をたくさんいただきました。とても楽しいイベントで、盛り上がると思うので皆さんにも、ぜひまた来年も遊びに来て欲しいと思います。

 また、SKE48のメンバーで私と同じように「大使」となっている青木詩織さん、福士奈央さんと共に鍋ブースをどうにか出すことができないかと考えています。もし、ブースを出店できることになったら、ぜひ食べて欲しいです。

  

意見交換

参加者「サンアゼリアのホールは、昨年も『和光市応援団長お披露目会』で訪れましたが、とても立派なホールだと思います。サンアゼリアで松村香織応援団長の公演を実施することは可能ですか。」

松村さん「サンアゼリアでは、ハロプロさんなどが実際に公演を行っている実績があるようです。私も和光市で、公演をしたいと思っています。そのときは、会場費などできればお安くして欲しいと思います。」

松本市長「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催前に首都圏の文化ホールを改築する動きがあり、通常はそういった首都圏のホールで公演をしているアーティストたちの公演が、和光市に流れてくることがあるようです。また、本日はサンアゼリアの山﨑館長もどこでも市長室の見学にきているので、意見を伺ってみましょう。」

山﨑館長「サンアゼリア大ホールを松村さんに使用していただけると、大変良いかと思います。」

  

参加者「大和中学校の放送部の部室はエアコンがなく、夏や冬はとても過酷な状況です。どうか部室にエアコンかもしくは扇風機を設置して欲しいです。」

松村さん「それは非常に過酷な環境だと思います。ぜひエアコンを設置してあげるべきです。」

松本市長「学校のエアコンの設置は、普通教室→特別教室→その他部室などという順番で行っています。今は特別教室に徐々にエアコンを設置しているところなので、部室にエアコンを設置できるのはもう少し時間がかかります。」

松村さん「冬は冬でとても寒いと思います。ストーブか何か設置できませんか。」

松本市長「ストーブは火災の原因になる可能性があり、危険なので、基本的にはエアコンで対応することになります。」

  

参加者「部活が終わり、帰宅するときに通学路が暗いので明るくなるように街灯を設置して欲しいです。通学路というのは、市役所前の自衛隊官舎との間の道です。」

松村さん「暗い中帰るのは、とても怖いし、危険ですね。」

松本市長「街灯設置のための基準というものがあり、暗い場所から優先して街灯を設置することになっているため、明度を測定するよう、担当部署につなげていきたいと思います。」

  

参加者「すまいる工房で働いています。一生懸命パンを作っているので、ぜひパンを皆さんに宣伝して欲しいです。」

松村さん「わかりました。これまで、すまいる工房についてよく知らなかったので、すまいる工房の資料などをもらい、後日宣伝したいと思います。」

  

参加者「北原小学校への通学路で、冬に坂が凍ってしまって歩くのにとても苦労するし、実際に転んだ人を何度も見たことがあります。坂道が冬に凍ることは、対策をどうすればいいのかわかりませんが、どうにかなりませんか。」

松村さん「それはとても危険ですね。冬に坂が凍らないようにどうすればいいんでしょう。」

松本市長「それは、どの辺りか説明できますか。」

参加者「勤労青少年の付近のとても急な坂道です。」

松本市長「あそこは、とても急ですよね。私はその坂道を自転車で漕いで走っていたときにチェーンが切れたことがあります。何らかの対策をとり、安全に皆さんが通学できるように担当と話し合ってみたいと思います。」

  

参加者「北原小学校で金管楽器を練習する部屋があるのですが、その部屋は練習が終わり帰ろうとすると、ドアが開かなくなることがあります。みんなで体当たりをして開けることもあるくらいで、とても不便です。」

松村さん「それはすごい不便ですし、練習している間に閉じ込められてしまったらとても怖いと思います。」

松本市長「学校の担当者に伝えて、ドアのたてつけを修理してもらえるように調整します。」

  

参加者「娘が特別支援学校に通っていますが、11月19日・20日に「たけのこ祭り」という文化祭が開催されます。松村さんからも宣伝していただければ、お祭りにたくさん人が集まり、障害児への周囲の理解を高めるきっかけになると思うのですが、そのような宣伝はお願いできるのでしょうか。」

松村さん「私も市長や和光市の公式ツイッター等を見て、『今日お祭りだった』と知ることがある。今日教えていただいたように、事前にお祭りやイベントのことを担当の職員に教えていただければ、宣伝することは可能です。」

  

参加者「さくら公園の辺りが暗くて夜は通るのが怖いです。」

松村さん「公園の近くは街灯がきちんとついてないと暗くてこわいですね。安心して通れるように対策するべきだと思います。」

松本市長「後ほど詳しい場所を担当に伝えていただき、該当か所を確認したいと思います。」

  

まとめ

松村さん「今日は、お忙しい中『どこでも市長室』に参加していただきありがとうございました。『どこでも市長室』は、松本市長が日頃行っている事業で、申込みや定員がないとお聞きしました。ホームページに要望を投稿することもできるけれど、そこまでするほどの要望ではないな、と思ったり、誰にこの要望を伝えればいいのかわからない、といった場合に、松本市長に直接意見を伝えることができる機会があるので、今後『どこでも市長室』が開催された場合は、ぜひ皆さん参加してみてください。本日は、本当にありがとうございました。」

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: