第20回どこでも市長室開催記録(吹上コミュニティセンター)

2017年02月28日 11時06分

第20回 どこでも市長室 概要

とき

平成25年7月12日(金曜日)13時30分~14時30分

 ところ

吹上コミュニティセンター 1階談話室

参加者

19人 

内容 

 今回の「どこでも市長室」は、吹上コミュニティセンターの1階談話室で開催し、近隣にお住まいの方や吹上コミュニティセンターを利用している方々と市長が気軽なフリートークをしました。市長が近隣住民に影響が考えられる平成25年度の重要な事業等について簡潔に説明した後、参加者から自由に意見をいただきました。

どこでも市長室市長挨拶

平成25年度の重要施策について(市長)

 ・健康ガイド個別配付をしている。健診の内容が中心となっていて、集団健診の一部値下 げをしている。健診確認チャートを利用するとどの健診が受けられるかわかる。毎年健診を受けることを進めている。

・食の健康を取り組んでいく。社員食堂や市の食堂で健康メニューを提供していく。健康づくり基本条例を制定する際に行った調査によると、65歳以上の男性の医療費が多くかかっており、特に入院している方が多いことがわかった。

・2期目の重点施策は、まちづくりの推進です。白子3丁目の区画整理については、遺跡の調査及び分析に時間がかかってしまった。

・北口の区画整理については、秋から冬にかけて最初の工事ができるように進めている。 南口のようなローターリーができる。10年くらいの予定で進める。最初の5年くらいで駅前広場を整備していく。

・白子小学校800人の生徒がいて、人数の限界がきている。下新倉に小学校の建設を進めている。中学校は難しい。(仮称)下新倉小学校の建設は最短ですと平成28年を目指して努力をしている。現在、地域の検討委員会の委員を募集している。

・6月議会にて市長と副市長の給与をカットした。公務員給与のカットについて は、今回は人事院ではなく、政府与党から国と同様に一律に下げてくださいとの要望があった。提出した内容が役所の組合との交渉途中であったため否決になった。今後は、組合交渉しつつ、もう一度出していく。

・これから身近な案件で行っていくものの重要な話として、公共施設がある。耐用年数が迫っ てきている。建て替えるか統合するかを検討する。例えば、新倉小学校と新倉コミセンを統合 するなど。

・公約で市民生活に密接なのは、24時間介護サービス。自宅にいながら施設にいるようなサービスが受けられる。

 

どこでも市長室の様子

参加者の意見等

(参加者)グランドゴルフをやっているので、(仮称)下新倉小学校の校庭を貸して頂けないか。児童館をどこかに作ってくれないか。

(市 長)児童館を動かすか決まっていない。今の児童館を活かして設計を考えている。学校のグランドは、学校が行っている時は学校が使用するが、使っていない時は地域開放をしている。土日に使って頂くことになる。

(参加者)白子3丁目の区画整理の埋蔵文化財の調査する時間帯を考えて頂きたい。現在9時にならないと始まらない。真冬ならいいが、3時半に片付けて4時には帰ってしまう。

(市 長)何か工夫ができないかと伝える。

(参加者)健康と納める税金は自分で作る。

(市 長)素晴らしいことだと思います。国保税の通知が届いたと思いますが、納めることが困難なときは、まず市役所に相談していただくことをお願いしたい。

(参加者)警察から振り込め詐欺の放送を和光市は流さないと言われた。

(市 長)先日は和光でも流した。その前になかなか流してくれないと言われていた時期もありますのでその時期のことかもしれません。警察から来たら柔軟に対応したい。

(参加者)避難場所が白子小学校と言われたが白子小学校まで遠い。

(市 長)下新倉小学校ができれば避難場所はそちらになると思うのが一点。また、板橋区との防災相互応援協定を結んでいるので、どうしてもということでしたら三園小学校に行って頂いても大丈夫です。周知ができてないこともありますので、板橋・練馬と協定を結んでいることを周知したい。

(参加者)新河岸川の河川敷は和光市の管轄ですか。

(市 長)県です。新河岸川は一級河川ですので国から県に委ねられている事業です。

(参加者)河川敷で畑を作っている方がいて、何年にも渡って注意や警告をされている方がいるみたいですが。そういうところは和光市の管轄ではないのでしょうか。県と和光市との連携はないのでしょうか。

(市 長)河川を管理している県土整備事務所に伝えます。

(参加者)健康づくり条例ができたということで、一般市民にどういう形で伝わってくるのか。

(市 長)市民の方に直接1番関係があることですと、健康メニューがあります。それを皆さんにお知らせして、こういう献立の取り方をすると健康になれますよと部分を伝えていく。役所の食堂でメニューを提供する。

(参加者)スギ薬局側の歩道のさつきについて、ごみゼロの時にやってくれていたが、反対側がやってくれていない。以前言ってやってくれたことがあるが、今年はやってくれていない。

(市 長)街路樹の予算が削減されている。現場を確認する。

(参加者)北口区画整理について、ワークショップが行われていますが、計画がだいぶ決まったと聞いていますが、今後はアンケートなどで市民も参加していけるか。

(市 長)道路の設計自体は交通規制など、警察と役所の調整になってくる。

(参加者)道路がどこに配置とかではなくて、車がスピードを出さないようにとか、ただの便利な駅前ではなくて、そこに通じる道は石畳とか、そういう雰囲気がある町並み作りとか。そういうコメントを返す場所があるといいなと思います。

(市 長)やりとりができる場があるかは決まっていませんので、ご意見があったということは役所で共有したい。

(参加者)ワークショップに参加される方が偏ってしまう。母親サークルとか忙しくていけない。10代から70歳、80歳までの意見をバランス良く聞いて頂きたい。小学校、幼稚園などの子育て世代にも伝わるように発信の方法を考えてもらいたい。

(市 長)公共施設でも色んな世代向けの公共施設がありますのでチラシ等を掲示をしていく。

(参加者)小学校を建ててくれることは嬉しい。中学校は難しいですよね。

(市 長)中学校はまだこれからですが、小中一体を考えていたが、それが難しくなってきている。

(参加者)介護保険の通知が届いてきたが、夫婦でひとつでいいのではないか。パンフレットもひとつでいいと思います。

(市 長)システムで連名で送れるか、工夫できるかを確認する。担当と協力していく。

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: