第11回どこでも市長室開催記録(埼玉県立和光国際高校)

2012年08月08日 10時12分

第11回 どこでも市長室 概要

とき

平成22年11月9日(火曜日)16時00分~17時00分

 ところ

埼玉県立和光国際高校

参加者

8人

内容(括弧内は市長のコメント)

 《日々の生活(通学時など)をしていて思うこと》

  • 樹林公園横の道を使って自転車通学をしていますが、枝が絡まって困る、また、街灯が少なく暗いので怖いです。
    (県立和光樹林公園は市で管理していますので、できるかどうか確認します。)
  • 昔、児童センターをよく利用し、楽しかった思い出があります。図書館の場所が分かりづらいが、本が多くていいです。
    (月曜日も開館するようになったので、是非利用してください。)
  • 樹林公園のランニングコースを利用しています。走りやすくていいです。自転車置き場があるといいです。
    (県営ですが市で管理していますので、検討します。また、運動場やテニスコートなども市民料金で利用できますので、是非利用してください。)
  • 鍋合戦ってどんなイベントですか?
    (全国各地の鍋が食べられます。毎年大盛況で、すぐに売れきれてしまうお店もあります。是非参加してみてください。)
  • 市長の好きなイベントは何ですか?
    (市内各地域でお神輿を担ぐお祭りがあります。若いみなさんも参加すれば、地域の方々も喜ぶかと思います。)

 《将来どんな職業に就きたいか》

  • 海外の環境保護をやりたくて、この高校に入学しました。
    (学者でもNGOでもいいし、その為に大学を選んで、しっかり勉強してくださいね。)
  • 祖母が農家なので、国内で農業をやりたい。研究もいいけど、作る専門になりたい。
    (市内にも使われていない農地がたくさんあります。活用を考えなければなりません。農業も経営。たくさん学ぶことはありますね。)
  • 法律家か、地方公務員、国際貢献のできる仕事に就きたいです。
    (和光市役所にも国際高校出身の職員がたくさんいますし、2年間JICAでタンザニアに派遣された職員もいます。他市の職員で世界銀行の職員になった人もいます。社会が不況だと、公務員の倍率が高くなるので、勉強頑張ってくださいね。)
  • 和光国際高校のイメージを教えてください。
    (男女の仲がいい、女性が多いイメージがあります。)

 《最近のニュースで気になること》

  • 日中関係、尖閣諸島の問題をニュースでよく見聞きしますが、漠然としてよくわからないです。
    (関心を持つことはとてもいいことです。民主党は政権運営にまだまだ不慣れですね。国際的にみても日本の勢いがなくなってきている。もっと日本が良くなって欲しいけれど、みんな弱気だと思います。)
  • 新座のキャラクターが決まったようですが、作成者は兵庫の人だった。市内とは言わないが、近くの人から選んだ方がいいと思いました。
    (好きな人はどこでも応募しますね。和光市でもキャラクターを募集しているので、是非応募してください。)
  • ハトのキャラクター、なびいは市のキャラクターではないのですか。
    (様々な事業でキャラクターがいるのですが、キャラがたっていません。特色を出してアピールするために、市のキャラクターを募集しています。)

 《どうしたら高校生が市役所の仕事に興味をもってくれるか》

  • 東松山市で3デーマーチという、3日間歩くイベントを開催していました。海外や他県、市からたくさんの人が来ていました。
    (イベントにブランド力があれば集客できますね。和光市の鍋合戦ももう少しブランド力がついてくればいいのですが。)
  • 新座市では市役所の前でイベントをやっていました。そうすると気になって入るのでは。

 《和光市のイメージを教えてください》

  • 樹林公園などの自然が多く、遊べる場所が広くていい。
  • ホンダの大きな社屋があってキレイ。裕福なイメージ。
    (和光市は不交付団体ですが、不況で税収が減り、決して楽ではなくなってしまいました。)
  • 理化学研究所からの税収はないのですか。
    (固定資産税は入るようになりました。和光市には国の施設がたくさんあるのですが、国の施設からは固定資産税がもらえないのです。)
  • たくさんの公園がある。児童センターもあって、外で遊べるところがある。東松山にはそういうところがありません。
    (東松山市長に自慢しておきます。)

 《最後にひとこと》

  • ボランティアをやってみたいと思う。
  • 理化学研究所に行ってみたい。
  • 公園に不審者がいるのでパトロールして欲しい。
  • おまつりはかわらず開催して欲しい。
  • こうやって高校生の話を聞いてくれて嬉しかった。

 《松本市長からのメッセージ》

   イメージの緑をどう守れるかが課題。有権者がそう思って投票してくれないと、この貴重な緑を守ることができません。みなさんが20歳になったら選挙の際には投票に行ってください。これからも和光市がこうなったらいいなと思うことがあったら、街で見かけたときに是非声をかけてください。

 みなさんはまだ高校生なので、これから頑張れば夢は必ず叶います。たくさんの選択肢から自分の夢を叶えてください。

  また、自分の住んでいるまち、地域の人たちと関わりを持つことにも興味を持ってください。

  本日は、高校生の皆さんと有意義な時間を過ごすことができました。

  ありがとうございました。

 

 

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: