twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 市政を身近に > 広報 > まちの見聞特派員 > 平成20年度まちの見聞特派員レポート > まちの見聞特派員レポート 広報わこう平成20年7月号掲載記事

ここから本文です。

まちの見聞特派員レポート 広報わこう平成20年7月号掲載記事

2009年04月01日 00時00分
市では、地元を愛し、市政への地域的な意見や地域内での話題、行事などの報告や取材、広報紙への投稿を行っていただける方を募集し、まちの見聞特派員として活躍していただいています。まちの見聞特派員の詳細はこちらをご覧ください。

布絵本講座に参加して

まちの見聞特派員 五十嵐 裕子

 「しらこ子育て支援センター」で布絵本講座が開かれ、私も1歳の子どもを連れ参加しました。子どもは、センター内で保育をしてくださる方に預け、福田真理子先生のご指導で布絵本作りに挑戦しました。先生オリジナルのデザインで、1回目はピザ、2回目はパズルの柄のフェルトを使った布絵本を教えていただきました。

布絵本作りの様子
▲集中しての作業は時間があっという間

  先生に「上手よ」と、皆ほめられながら楽しく作業が進みました。だれかにほめられるなんて「何年ぶり?」と思いつつ、ほめられると何だかうれしくて針を持つ手も進み、子どもも、ほめて育てなきゃと心をあらたにしました。
 講座の2時間は本当にあっという間で、作品は家に持ち帰って完成させました。世界にたったひとつの自分の布絵本を見て、「よくがんばった」と満足し、その布絵本で遊ぶ子どもを見ては、またまた満足。
 参加者の声を紹介します。「リフレッシュした」「初めて、子どもと離れる時間を持ち、講座にも集中できて、充実した時間になった。」「作品ができるワクワク感がうれしかった。」
 小さな子どもと一日中一緒にいるお母さんは、トイレに行く時も子どもがついてきて、一人になれる時間はありません。でも、このような機会に少しでも自分の時間を持てると、生活にハリも出てまた子育てが楽しくなると思います。


 

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: