twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 市政を身近に > 広報 > まちの見聞特派員 > 平成20年度まちの見聞特派員レポート > まちの見聞特派員レポート 広報わこう平成20年9月号掲載記事

ここから本文です。

まちの見聞特派員レポート 広報わこう平成20年9月号掲載記事

2009年04月01日 00時00分
市では、地元を愛し、市政への地域的な意見や地域内での話題、行事などの報告や取材、広報紙への投稿を行っていただける方を募集し、まちの見聞特派員として活躍していただいています。まちの見聞特派員の詳細はこちらをご覧ください。

市民活動の楽しさを知ろう

まちの見聞特派員 山田 正史


和光市市民共同推進センター オープニングセレモニー
▲和光市市民共同推進センター オープニングセレモニー 

 市民活動には楽しさ、面白さ、喜び、苦しみといったものが数多く伴います。しかし、これらの経験をすることで新しい発見ができたり、新しい友だちとの会いがあるなど、日々のくらしに変化と活力を手にする事ができます。
 この度、市民グループの活動状況、発表したい作品を広く市民の人々に知ってもらう場所として「和光市市民協働推進センター」が生まれました。  このセンターは、7月に総合福祉会館3階にオープンし「和光NPOネットワーク」により運営されています。また同時に「わこうわいわいネット」ポータルサイト(インターネットに構築されたホームページ)も開設されました。
 ここでは市民活動をする市民への支援活動(市民活動の資料、会合場所の提供、機材の貸し出し、市民活動するについての情報、相談等)が常駐するスタッフにより提供されています。また、ポータルサイト利用方法についてはポータルサイト:https://opencity.jp/wako/にアクセスするか、「和光市市民協働推進センター」で説明を受けられます。このサイトでは無料で自分達のホームページを作成することができ、自分達の活動内容や意義を広く一般に伝えることができます。
 まだオープンしたばかりで知名度も低く利用される方は少ないのが現状ですが、スタッフは張り切って様々な企画を練っています。その一つに「市民交流サロン」があります。7月19日(土)に第1回目が開催されました。参加者数は13名でしたが、日頃市民活動をしている中で考えていること、悩んでいることなどを気楽に話し合う場となりました。「和光名物」を創ろうなどの楽しい話もでてきました。
 この催しは引き続き、月1回土曜日に総合福祉会館3階「団体利用室」で開催されます。市民活動をされている皆さん、参加して楽しいおしゃべりタイムを過ごしてみませんか!

和光市市民協働推進センター

南1-23-1(総合福祉会館3階)
開館時間:月~金、隔週土曜日10時00分~16時00分
TEL:467-0823 E-mail:wako.c-kyodo@opencity.jp

 

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: