twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 市政を身近に > 広報 > まちの見聞特派員 > 平成20年度まちの見聞特派員レポート > まちの見聞特派員レポート 広報わこう平成20年10月号掲載記事

ここから本文です。

まちの見聞特派員レポート 広報わこう平成20年10月号掲載記事

2009年04月01日 00時00分
市では、地元を愛し、市政への地域的な意見や地域内での話題、行事などの報告や取材、広報紙への投稿を行っていただける方を募集し、まちの見聞特派員として活躍していただいています。まちの見聞特派員の詳細はこちらをご覧ください。

花を育ててまちづくり・戸田市

まちの見聞特派員 都築 和枝 

 ところはスーパーアリーナ。昨年夏に行なわれた「ジャパンフラワーフェスティバル埼玉2007」という大規模な花の祭典会場で、私は戸田市の展示に感動しました。なぜかどこの自治体よりも心地良いエネルギーを発していたのです。いつかその訳を知りたい、と思いました。
 そして一年後ついに戸田市役所へ!見上げると三階の窓辺をずらりと飾るお花たち(ドキッ、そしてニッコリ)。目指すは「環境クリーン室」です。私たちのように取材に訪れる団体は全国から多数と聞きました。職員の方の応対は、戸田を魅力ある町にしたいという熱意がひしひしと伝わってきます。

 戸田市役所の屋上庭園
▲戸田市役所の屋上庭園 

 市役所の屋上庭園を見せていただきました。緑の芝生と愛らしい花たちでデザインされた爽やかな市役所のお庭に心が和みます。古着はフェルトに、生ゴミはEMにより堆肥に。それぞれが変身して植物の成長を支えています。
 次はフラワーセンターです。年間2万鉢の花を生産し生ゴミと交換。種から育て、学校や町なかの花壇にたくさんの花を送り出しています。ペットボトルでマイバック、牛乳パックでうちわ、雑紙でティッシュペーパーなど。変身するゴミたちは、その再生・流通の過程で雇用も生み出し、作業所の人や障害のある人に収入の道を開きました。ユニークな施策の陰にはどんなにかご苦労があった事でしょう。愛を基とした仕事が今日も明日も続いていく事を祈ります。荒川の流れのように。やさしいまちに、なりたい。戸田市の封筒に印刷してあった言葉です。
 
 

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: