twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 市政を身近に > 広報 > まちの見聞特派員 > 平成30年度まちの見聞特派員レポート > まちの見聞特派員レポート 広報わこう30年8月号掲載記事

ここから本文です。

まちの見聞特派員レポート 広報わこう30年8月号掲載記事

2018年09月03日 09時41分

「ここはたまり場?」


まちの見聞特派員  伊藤 芳夫

 今年の四月から、午前九時を回ると我が家の前を「今日は○○さん来るかな」「今日は何の話かな」と、我が家の前を数人のお年寄りが、和やかに歩いていきます。翌週も数人の方が楽しそうに歩いて行きます。そこは、私どもの地域に新設された「回復期リハビリテーション病院」です。

 医師・看護師・理学療法士・言語聴覚士・管理栄養士等、全ての職員が、疾患の原因・症状・治療法から、リハビリ・トレーニング・予防訓練・食事の摂取まで、専門外の医療事例や生活全般にわたるテーマを決め参加者に理解しやすい方法で指導しています。参加者同士で意見交換もできるようになり、次回は○○さんに声を掛けよう、と、参加者が増え現在三十人を超える地域住民が、毎週その日を楽しみに通っている交流の場になっています。しかも、受講費用は無料です。

 この病院のコンセプトは、本体の医療法人泰一会の「地域に貢献できる施設づくり」です。

 現在和光市では「高齢・障害・子ども・困窮」に支援する「統合型地域包括支援センター」を市民生活の拡充を図るため民間委託事業所に設置を始めています。行政施策に先駆けた取り組みを、収益等に関係なく実施している、地域の高齢者が、安心して集まれるこの「たまり場」を覗いてみませんか、とても病院とは思えません、ステキなコンシェルジュがあなたの来所を待っていますよ。

 

回復期リハビリテーション病院の外観の写真

  

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 広報広聴担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9091  FAX:048-464-8822

メールアドレス: