twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 市政を身近に > 広報 > まちの見聞特派員 > 平成29年度まちの見聞特派員レポート > まちの見聞特派員レポート 広報わこう30年1月号掲載記事

まちの見聞特派員レポート 広報わこう30年1月号掲載記事

ハートフルコンサート

犬竹 真由美

昔、妊婦さんがモーツァルトを聞いていると心豊かな子が生まれると言われていたことがありましたが、子どもの脳の発達や大人の脳のリラックス効果を高めるものの一つが「音楽」というのは確かなようです。
中でもヴァイオリンやチェロなどの弦楽器にはとても心癒されるものがあります。

そんな弦楽器の5人グループ、ピトレ弦楽奏団の皆様による"和光市教育と文化のつどいハートフルコンサート"が去る11月26日に中央公民館で行われました。

コンサートというとちょっと身構えてしまいがちなのですが、このハートフルコンサートはアットホームな雰囲気の中、楽団と観客が一緒に歌ったり手拍子をしたりとお子様からご年配の方まで気軽に楽しめます。

特に赤ちゃんと一緒に参加ができるコンサートは中々ないのでママさん達には嬉しい催しだったのではないでしょうか。

楽団の方々のトークも楽しく、楽器を本来の演奏方法とは違うちょっと変わった使い方をして面白い音を出したり、チェロやコントラバスをくるくる回してのパフォーマンスなど見て楽しい、聴いて楽しい、素晴らしいコンサートでした。

今回は子どもたちが楽しめる曲から懐かしいメロディーや今話題の曲、そしてピトレ弦楽奏団オリジナル曲などバラエティ豊かに15曲もの演奏で心がほっこり温かくなりました。

ピトレ弦楽奏団の皆さま、ありがとうございました。

ぜひまた来年も素晴らしい音楽を届けていただきたいと思います。

ハートフルコンサート