市長マニフェスト(第1期)

2013年07月30日 10時25分

「和光がもっとよくなる40のプラン」

行財政改革

(1)学校建設以外のハコモノはすべて一旦凍結、市民参加で「必要」か「不要」か、検証します  

  建設予定のハコモノ(1億円以上)は計画全容から、予定されている金額まで全て市民に公開します。「本当に必要な公共施設は何か?」を市民とともに決めます。【半年以内】  政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(2)「事業仕分け」を行い、既存事業の見直しを行います

 既存事業に全面的にメスを入れます。不要な事業は見直して、支出の削減と新規事業の財源を捻出します。併わせて市民団体やNPOの活躍の場を増やします。【半年以内】 政策実行計画(12KB; PDFファイル)

(3)「健全財政条例」で財政の健全性を維持する仕組みを作ります

 財政状況の基準を作り、無理な支出を未然に防ぐ仕組み=「健全財政条例」を作ります。

企業の実績に左右されない強い財政基盤を作り、突然の「夕張化」を予防します。【半年以内】 政策実行計画

(15KB; PDFファイル)

(4)入札改革を徹底促進。価格・品質両面で競争性を向上します

 和光市の平均落札率は93.8%です(指名競争入札:工事請負契約)。落札率は低いほうが事業に係る税金を少なくできます。「一般競争入札」でより透明性・競争性を高めます。品質等の面でも、「総合評価方式」の導入で、企業努力する事業者が選ばれる仕組みを作ります。【1年以内】 
政策実行計画(11KB; PDFファイル)

 

団塊・シルバー世代を元気に

(5)市の行う健診や検査補助のメニューを見直し、病気の早期発見・早期治療を促します

 病気の早期発見・早期治療に繋がる検査項目の見直しや受診体制をつくります。【2年以内】 政策実行計画(12KB; PDFファイル)

(6)団塊・シルバーNPO へのバックアップで市民活動を元気に

 団塊・シルバー世代が中心になって運営するNPO や市民団体の立ち上げへの支援を強化し、活動しやすい環境をつくります。【1年以内】  政策実行計画(12KB; PDFファイル)

(7)人がつどう「居場所事業」を推進します

 建物を建てようというのではありません。これからの和光に必要なのは、集まるキッカケと外出のサポートです。趣味や運動・世代交流をキーワードに既存施設の大活用を始めます。【2年以内】  政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(8)団塊・シルバーの人材バンクをつくり活用します

 現在の「協働型委託」では、市民グループに属する方に経験・知恵・力を発揮してもらっています。これからは「個人単位」でも経験・知恵・力を発揮できるよう人材バンクをつくり、登録者が活躍できる仕組みをつくります。【2年以内】 政策実行計画(12KB; PDFファイル)

教育・子育て・障がい者

(9)「子ども医療費無料は小学校卒業」まで、「入院費の無料は中学校卒業」までにします

 子育て世代の負担軽減・安心向上を図ります。【1年以内】 政策実行計画(12KB; PDFファイル)

無料化拡大後に小児科が混雑しないように、適正受診プログラムを策定します。そして、何より子どもたちが病気やケガをしないように「食育」や「学校設備の点検」などに力を注ぎます。

(10)図書館機能など" 地域の拠点"となる新設校設置に取り組みます

 あらゆる角度から「最も早く実現できる方法」を検証します。そして、建物を建てるだけでなく「小中一貫教育」や将来的な人口減少・高齢化・防災対策を見越して、他の施設に転換可能な設計も考えます。未来に向けて " 地域の拠点"となる学校をつくります。【最優先課題】  政策実行計画(12KB; PDFファイル) 

(11)通学路の交通指導員の拡充など、通学路の安全を守ります

 「指導員の削減方針」や「外部委託推進」を見直すとともに『いつもの顔なじみの交通指導員さん』が活躍できる仕組みをつくり、子どもと地域を見守ります。【1年以内】 政策実行計画(12KB; PDFファイル)

(12)発達障がい児・障がい児への支援員を拡充します

 学校生活に障がいのある児童・生徒に対し支援員を配置するなど支援の拡充を図り、ノーマライゼーションを実現していきます。【1年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(13)学級崩壊させない仕組みをつくります

 崩壊懸念のある学級にベテランの教員OBを配置します(=「助っ人先生制度」)。クラスの安定化に向けた教員の教育も図ります。【2年以内】 政策実行計画(12KB; PDFファイル)

(14)補習授業の拡充で基礎学力の向上を図ります

 補習授業の全校実施で" 補習のための塾はいらない"和光の教育を実現します。【1年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(15)保育園待機児を計画的に減らします

 保育園の新設を視野に、まずは「家庭保育室の保護者負担の軽減」から実施していきます。【1年以内】 政策実行計画(12KB; PDFファイル)

(16)学童保育は待機ゼロ・全員校区内に即刻取り組みます

 平均年齢38.8歳の和光市には子育て中の保護者が大勢います。また社会情勢の変化で一層共働きの夫婦も増えます。子どもを預け、安心して働ける環境をつくります。【1年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(17)「障がい者本人の意思を尊重」する政策へ転換します

 障がい者ご本人の「こうしたい」「何ができる」という意思を尊重した政策を実施します。そのためにまず、施策計画段階から当事者に関わってもらうことからから始めます。その後、地域支援体制の拡充や、就労・社会参加へと繋げていきます。【2年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

 

ほんとうの市民主義への変革

(18)公民館の利用料改定(=有料化)は凍結します~市民がつどえる公民館へ~

 市民の生涯学習を推進します。そして、利用料をいただくための事務コストの方が高くなる「公民館の料金改定」を廃止あるいは無期限凍結し、使用料の在り方を再検討します。【即刻】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(19)図書館の月曜休館をやめ、無休を基本にします

 月曜休館を廃止します。新図書館の検討は北口の学校建設問題と絡め検討します。【2年以内】  政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(20)駅前他のバス停の拡充を図り、交通網の充実を目指します

 バス停を整備して民間路線バス網の拡充を図ります。【2年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(21)市民提案型事業委託で、役所の仕事を市民の手に移します

 市民がやりたいことを役所に提案し、役所が実施している公のサービスを少しずつ市民の手に移していきます。市民自治のための第一歩です。【1年以内に募集開始】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(22)フィルムコミッションを設立し、誰もがテレビ・映画のロケを楽しめるまちに

 「仮面ライダー」や「相棒」が和光市で撮影されています。東映撮影所が近いことを活かし、ロケを積極的に誘致、市民の娯楽や観光活性化につなげます。【2年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(23)市民活動支援センターは便利な場所に移転、活発化させます

 市の中心に近い地域に設置することで利便性を高め、活動をより活発化させます。【2年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(24)常設型住民投票条例を議会に提案します

 大型のハコモノ、市民に関係する重大な事項について、常に住民投票を実施できる常設型住民投票条例を提案します。【2年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(25)「寄付条例」を制定、市民が税の使途に関与できる体制に

 市民が税金の使い道を自らコントロールできるようにします。【2年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(26)市民の知恵を結集して予算編成を行います

 予算編成過程の徹底公表と市民への協力依頼でコストの徹底的な削減を行います。職員410名の知恵に加えて全市民の知恵も結集します。【半年以内】  政策実行計画(63KB; PDFファイル)

(27)財政白書を市民とともに作成、財政の「見える化」を推進!

 財政を分析し、わかりやすく説明する「財政白書」を市民と作り、公表します。【2年以内】 政策実行計画(15KB; PDFファイル)

 

顔の見える市長へ

(28)市長給与は25%カットします(「退職金ゼロ」に相当します)

 市役所内、そして市民の皆さまに、市長自ら財政の健全化への強い意志を示します。【即刻】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(29)市内の歩道を自ら歩いて改善

 市民参加で危険か所を再検証、県庁や地権者に市長自らアタックして改善します。【4年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

普段から子育てを通し、徒歩や自転車、ベビーカーでの生活(※一番下の子が2歳)をしていますが、車いす・シルバーカー等も体験し、市内の狭い道路の最危険か所への対応を進めます。

(30)「どこでも市長室」等を開催、誰でも会える市長に

 予約なしで気軽に市民が市長と話せる場を定期的に作ります。また、地域センター等での 「地域懇談会」も開催します。【3か月以内】  政策実行計画(6KB; PDFファイル)

(31)6年間続けた街頭活動は、これからも続けます!

 6年間、駅頭活動を続けてきました(2003 年~ 2009 年の6 年間、議員の中で最多回数)。通勤時に気軽に声が掛けられる、一言相談できるような、身近な存在であり続けます。【即刻】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(32)「埼玉県内最年少の青年市長」として和光市をPRします!

 40 歳の市長は埼玉県内で最年少となります。地場野菜のほか、地域の産業や和光の自然・文化・歴史・住みやすさなどを「和光市のトップセールスマン」として、県内外に全力でPRします。【即刻】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

 

地域環境の再生

(33)松本の提案で制定された「残土積み上げ規制条例」の運用をただちに強化し、まずは荒川河川敷付近の環境を再生します

 水道道路周辺環境をこれ以上悪化させないため、断固たる態度で対応します。【即刻運用強化】 政策実行計画(69KB; PDFファイル)

(34)和光の地場野菜をアピールし、農業を振興します

 おいしい地場野菜を市内でもっと流通させるとともに、市内農家と市民の交流を活性化させ、「ありがとう」「おいしかった」という顔の見える関係を構築します。【1年以内】 政策実行計画(13KB; PDFファイル)

(35)「自転車市役所」化を推進、職員の近距離移動は自転車に

 職員も市長も近距離の移動は自転車とします。【1年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(36)雨水利用を推進、水道水の使用量を減らします(財政効果もあります)

 谷中川流域に貯留槽の設置を推進、まちの小さなダムとして活用し、洪水の予防や地下水の保護につなげます。また、水道水の使用量が減れば、財政効果も期待できます。【4年以内】  政策実行計画(12KB; PDFファイル)

(37)生ゴミのたい肥化など、市民と協力してゴミを減量します

 新目標値を設定してごみを減量します。【1年以内】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(38)湧水や里山を保全し、生き物と出会える和光を蘇らせます

 雨水の地下浸透を推進して地下水の保護を図るとともに、みどり支援のための寄付を新しく作る寄付条例に設定します。【少しずつ】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(39)県の越戸川の環境再生事業に積極的に協力するなど川の再生に努めます

 県庁の水辺再生事業に積極的に協力するなど、市としても市内河川の再生に努めます。【随時】 政策実行計画(11KB; PDFファイル)

(40)「40番目のプラン」はあなたとともに考えます!

市長マニフェスト政策実行計画

政策実行計画一覧(232KB; PDFファイル)

実施結果

 

 

 

adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
バナーをクリックすると新規ウィンドウが開きます。

お問い合わせ

担当名:政策課 企画調整担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9086  FAX:048-464-8822

メールアドレス: