ここから本文です。

和光市のオープンデータへの取組

オープンデータとは

 オープンデータとは、行政が保有するデータを「機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ」であり「人手を多くかけずにデータの二次利用を可能とするもの」のことを言います。

市の取組

 市が保有する公共データは、市ホームページ等を通じて、様々なファイル形式で公表していますが、今後は、国が策定する「電子行政オープンデータ戦略」の意義、目的にある、(1)透明性・信頼性の向上 (2)国民参加・官民協働の推進 (3)経済の活性化・行政の効率化の観点から、二次利用が可能なデータ形式でデータの公開を進めていきます。
 そのため、効果が見込まれる分野から、順次、CSV・エクセル・XML等の形式で掲載するとともに、一部のデータについて、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスによる著作権意思表示を行う取組みを平成26年4月から実施します。

国(総務省)の取組

 電子行政オープンデータ戦略 (平成24年7月4日 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部 決定)において、オープンデータの意義・目的について、以下の3点が挙げられています。
●透明性・信頼性の向上
 公共データが二次利用可能な形で提供されることにより、国民が自ら又は民間のサービスを通じて、政府の政策等に関して十分な分析、判断を行うことが可能となる。それにより、行政の透明性が高まり、行政への国民からの信頼を高めることができる。

●国民参加・官民協働の推進
 広範な主体による公共データの活用が進展し、官民の情報共有が図られることにより、官民の協働による公共サービスの提供、さらには行政が提供した情報による民間サービスの創出が促進される。これにより、創意工夫を活かした多様な公共サービスが迅速かつ効率的に提供され、厳しい財政状況、諸活動におけるニーズや価値観の多様化、情報通信技術の高度化等我が国を取り巻く諸状況にも適切に対応することができる。

●経済の活性化・行政の効率化
 公共データを二次利用可能な形で提供することにより、市場における編集、加工、分析等の各段階を通じて、様々な新ビジネスの創出や企業活動の効率化等が促され、我が国全体の経済活性化が図られる。また、国や地方自治体においても、政策決定等において公共データを用いて分析等を行うことで、業務の効率化、高度化が図られる。

クリエイティブ・コモンズとは

 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称です。CCライセンスはインターネット時代のための新しい著作権ルールの普及を目指し、様々な作品の作者が自ら「この条件を守れば私の作品を自由に使って良いですよ」という意思表示をするためのツールです。CCライセンスを利用することで、作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。
クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのライセンスに関するサイトより抜粋)  

ご利用にあたって

埼玉県のオープンデータポータルサイトにて、和光市のオープンデータを公表しております。

埼玉県オープンデータポータルサイト

 

お問い合わせ

担当名:情報推進課 情報統計担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9092  FAX:048-464-1328

メールアドレス: