twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 市政を身近に > 電子市役所 > マイナンバー制度 (社会保障・税番号制度) > マイナンバー(個人番号)・通知カードに関するご案内

マイナンバー(個人番号)・通知カードに関するご案内

 

マイナンバー(個人番号)とは

 マイナンバー(個人番号)とは、平成27年10月5日から始まるマイナンバー制度において、特定の個人を識別するために住民の皆様一人ひとりに指定する12桁の番号のことです。平成28年1月以降、職場や、行政手続などの際に、マイナンバーの提示を求められたり、書類に記載することになります。

 マイナンバーは、提供を求めることができる者(国の行政機関や地方公共団体、勤務先など)以外は、提供を求めてはならないこととなっています。また、逆に本人であっても、法律で規定された事務の手続以外において、マイナンバーを提示してはならないこととなっています。

 マイナンバーは、みだりに他人に知らせないようにしましょう。 

 

 通知カードの廃止について

令和2年5月25日に通知カードが廃止されました。

廃止となり、通知カードの取り扱いが変わりましたのでご注意ください。

廃止後の取り扱い 

 (1)交付及び再交付は行えません。(出生等により新たにマイナンバーが付番された方には、「個人番号通知書(仮称)」を送付し、マイナンバーの通知を行います。) 

 (2)氏名・住所等に変更があった場合、記載事項の変更手続きが行えません。

 

※令和2年5月24日までに「通知カード」の交付・再交付の手続きを行ったものについて、受領ができず郵便局に返戻され、郵便局での保管期限が過ぎたものは、市役所に返戻されます。

市役所に返戻された「通知カード」については、返戻日より6か月間保管します。

廃止後のマイナンバー証明書類 

・マイナンバーが記載された住民票の写し

・マイナンバーが記載された住民票記載事項証明書

・マイナンバーカード(顔写真付きのICカード)

 ※通知カードに記載された住所、氏名等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、マイナンバーを証明する書類として使用できます。

通知カードとは 

 「通知カード」とは、 皆様のマイナンバーをお知らせするために送付するカードです。今後行政手続等でご自身のマイナンバーを証明する際に使用するものにもなります。

 平成28年1月以降、マイナンバーの提示を求められたり、マイナンバーを記載する手続を行う際には、免許証などの身分証明書と併せて通知カードをご提示いただくことになります。通知カードは大切に保管し、手続を行う際に窓口等へご持参ください。 

 ※令和2年5月25日以降、住所や氏名に変更があった場合は、「通知カード」に券面事項変更が行えないため、マイナンバーを証明する書類として使用できませんので、ご注意ください。 

カードデザイン

 通知カード見本

通知カードの受領方法 

 平成27年10月5日以降、皆様のマイナンバーをお知らせする「通知カード」は、次のような方法で送付されました。

 (1)世帯単位でまとめて送付されました。
 (2)住民票の住所地に送付されました。
 (3)簡易書留(転送不要)で送付されました。 ⇒転送されませんのでご注意ください!
 (4)平成27年10月中旬から11月末頃までに、順次発送されました。 

市役所に戻っている通知カードを受け取るときに必要なもの

 (1) 世帯主又は住民票上の同一世帯員が取りに来る場合
  ・来庁された方の本人確認書類(※)
 (2) 上記以外の方(代理人)が取りに来る場合
  ・通知カードの受取を依頼した方の本人確認書類(※)
  ・代理人の本人確認書類(※)
  ・代理権の確認できる資料
   例:(任意代理人)委任状
     (親権者)戸籍謄本・抄本 ※同一世帯でない親権者が受領する場合
     (成年後見人)成年後見に係る登記事項証明書

(※)本人確認書類については、次のいずれか(原本)をご用意ください。

   (a)Aから1点(官公署から発行された顔写真付の身分証明書等)
   (b)Bから2点(上記以外で市町村長が適切と認めるもの)

 A

 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カード、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書など

 B

 健康保険又は介護保険の被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、敬老手帳、生活保護受給者証、民間企業の社員証、学生証など(氏名と生年月日又は住所が記載されているものに限ります。)

 
  上記に示した書類以外については、個別にお問合せください。 

  

マイナンバーの変更について

 マイナンバーの変更については、「マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあると認められるとき」に限り、従前のマイナンバーに変わるマイナンバーの指定を市長に対し申請することができ、申請内容を審査した結果、該当すると認められた場合はマイナンバーの指定を受けることができます。

 この手続では、厳格な本人確認を行い、必要により 「マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれ」があることを疎明する書類の提示を求める場合があります。このようなご事情がある場合には、まずは下記問合せ先までご相談ください。 

関連リンク

・社会保障・税番号制度(内閣府ホームページ・外部サイト) 

・個人番号カード総合サイト(地方公共団体情報システム機構ホームページ・外部サイト) 

お問い合わせ

担当名:戸籍住民課 住民担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階

電話番号:048-424-9112  FAX:048-460-3146

メールアドレス: