twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ

検索の仕方
  • 文字サイズを変更することができます
  • 拡大
  • 縮小
  • 色を変更することができます
  • 標準
  • 1
  • 2
  • 3
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 和光の魅力 > 市のプロフィール > 和光市の歩み > 和光市制施行40周年 > 和光市40年のあゆみ

ここから本文です。

和光市40年のあゆみ

2010年05月31日 14時09分

 和光市のあゆみの写真

年代別にご覧になれます

  

昭和時代 
(昭和45年~昭和63年)

平成時代 
(平成元年~平成21年)

 

 

市の成り立ち

明治22年(1889年)町村制施行で白子村と新倉村が誕生しました。
昭和18年(1943年)に白子村と新倉村が合併して大和町となり、東京に野菜を供給する近郊農村地として発展しました。戦後、企業進出が相次ぎ、東京のベットタウンとして集合住宅などの建設により人口も急増しました。そして、昭和45年(1970年)10月に待望の市制施行によって「和光市」が誕生しました。当時の人口は、39,512人でした。

 

市の名前の由来

 

市の名前は、一般公募された中から審査決定されたものです。
「和光」とは、平和、栄光、前進を象徴し、市が明るく住みよいまちに躍進するように、という願いが込められています。

お問い合わせ

担当名:秘書広報課 秘書担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9084  FAX:048-464-8822

メールアドレス: