twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ

検索の仕方
  • 文字サイズを変更することができます
  • 拡大
  • 縮小
  • 色を変更することができます
  • 標準
  • 1
  • 2
  • 3
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 教育と学習 > 人権 > 人権教育 > 【申込受付中】人権講演会「Enjoy yourself!!~アートとともに生きる~」を開催します。

【申込受付中】人権講演会「Enjoy yourself!!~アートとともに生きる~」を開催します。

2017年12月04日 11時50分

市では、人権尊重の社会づくりを推進し、広く人権問題に対する理解と認識を深めるための講演会を開催しています。

今年度は、タップダンサーの清水夏生さんを講師に迎え、タップダンスを織り交ぜながらご講演いただきます。ぜひ、ご来場ください。

 

詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。(547KB; PDFファイル)

講師(タップダンス・お話)

 

    

 

 

 ◆清水夏生(タップダンサー)
7 歳よりタップダンスを始め、HIGUCHI DANCE STUDIO にて火口ひろ子、HIDEBOH らに師事。
同スタジオを中心に、映画『座頭市』や『Super Dance Premium 2008』など多くの舞台・イベント・TV 番組で若手ホープとして活躍。
その後、バレエダンサー西島数博氏や世界的トランペット奏者日野皓正氏との共演、更にフランス留学を経てタップの新たな可能性を見出し、持ち前の世界トップレベルと評されるテクニック&光速ステップを武器に、「タップ×音楽×ダンスの本質的コラボレート」をコンセプトに活動を展開。
その追及の場として音楽バンド2V-double ve-(ドゥブル ヴェー) のプロデュースの他、ニューヨーク滞在中にはAmateur Night at the Appolo にて1 週勝ち抜き、また Cotton Club でのパフォーマンスは目の肥えたハーレムの住民からも、タップの神様「Mr.ボージャングルズの再来」と言われ、大喝采を浴びた。
2017 年水谷豊初監督作品、映画『TAP THE LAST SHOW』にて、メインキャストのMAKOTO 役に大抜擢。


日時 平成30年1月15日(月曜日) 開演 13:30 (開場 13:00)

場所 和光市民文化センター小ホール

対象 どなたでも

定員 先着200名(要申込)

費用 無料 

手話通訳 あり

保育 先着6名 (1歳以上)  12月28日(木曜日)までにお申込みください。

主催 和光市教育委員会事務局生涯学習課

共催 和光市人権教育推進協議会

申込 12月4日(月曜日)から、生涯学習課窓口・電話又はメールで。メールでお申込みの場合は、氏名・電話番号を記入し、件名を「人権講演会」としてください。

申込みメール用 QRコード

adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
バナーをクリックすると新規ウィンドウが開きます。

お問い合わせ

担当名:生涯学習課 生涯学習担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所4階

電話番号:048-424-9150 FAX:048-464-7901

メールアドレス: