twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 教育と学習 > 歴史と文化 > 文化振興 > 和光市ゆかりの文化人 > 郷土の偉人 児童文学作家 「大石 真」

ここから本文です。

郷土の偉人 児童文学作家 「大石 真」

2012年12月04日 14時52分

 

<<<児童文学作家 大石 真>>>
(1925年~1990年)

PHOTO

 
 日本を代表する児童文学作家である大石真は、1925年(大正14年)12月8日、白子村(現和光市白子)で生まれ、1959年(昭和34年)に移転するまで居住していました。
 第一早稲田高等学院理科在学中に早大童話会に入会、作家への道を歩み出し、早稲田大学卒業後は出版社に入社。1967年(昭和42年)に退社するまで、編集者・編集長として活躍しながら、数々の児童文学作品を生み出しました。
 退社後は作家生活に専念し、1990年(平成2年)9月4日に病気でなくなるまで、200冊あまりにも及ぶ作品を執筆し、日本の児童文学界に多くの功績を残しました。

代表作
「風信器」「さとるのじてんしゃ」「チョコレート戦争」
「眠れない子」「見えなくなったクロ」
PHOTO SPACE PHOTO SPACE PHOTO SPACE PHOTO
魔女のいる教室 SPACE さとるのじてんしゃ SPACE 眠れない子 SPACE チョコレート戦争

 

白子コミュニティセンター展示室(常設展示) 

平成24年度図書館まつり 大石真展示

お問い合わせ

担当名:総務人権課 文化交流担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9088  FAX:048-464-1234

メールアドレス: