ここから本文です。

令和元年度和光市平和祈念事業

2019年10月18日 13時37分

 和光市では、戦争の悲惨さや平和の大切さを語り伝えることを目的として、毎年平和祈念事業を行っています。

 今年は「『ぼくは風船爆弾』に込めた平和への祈り」をテーマとした「平和祈念講演会」、ヒロシマ・ナガサキの原爆などをテーマとした「平和祈念パネル展示会」を開催します。

 

  開催チラシ(504KB; PDFファイル)

平和祈念パネル展示会

 

※10月12日(土) 及び13日(日)は台風接近のため、開催を中止します。

 

 開催期間  令和元年10月2日(水曜日)~10月14日(月曜日)
 午前9時~午後5時(最終日は午後4時まで)
 会 場  和光市民文化センター企画展示ホール・展示室
 内 容 ヒロシマ・ナガサキ原爆被害写真ポスター、基町高等学校の生徒と被爆体験証言者との共同制作による「原爆の絵」、絵本「あの日の空色」等展示
広島原爆関連DVD放映
 入 場  無料

 

●昨年度の様子

   

 

平和祈念講演会

講演者 

  高橋 光子 (たかはし みつこ) 氏

  作家。「『ぼくは風船爆弾』著者。

 

 

 ●プロフィール ●

 1928年愛媛県生まれ。愛媛県立川之江高等女学校を卒業。
 テレビ、ラジオの脚本の仕事を経て、1965年「蝶の季節」で文学界新人賞受賞。同作で芥川賞候補。
 1972年『遺る罪は在らじと』で2度目の候補。
 その後、上条由紀の名でジュニア小説を執筆。1993年『高畠華宵とのその兄』で潮賞ノンフィクション部門優秀賞受賞。
 女学生のときに風船爆弾の気球貼りの仕事に従事。のちに同級生の手記を集めた『風船爆弾を作った日々』を編集。

 90歳になった昨年、『ぼくは風船爆弾』を出版。 

  

  開催日時

 令和元年10月7日(月曜日)
 午後2時40分~(開場:2時20分)

 会 場

 和光市立大和中学校体育館

 テーマ

 「『ぼくは風船爆弾』に込めた平和への祈り」

 講 師

 高橋 光子 氏

 料 金

 無料
 その他  撮影のためカメラ等が入ります。あらかじめご了承ください。

adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
バナーをクリックすると新規ウィンドウが開きます。

お問い合わせ

担当名:総務人権課 文化交流担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階

電話番号:048-424-9088  FAX:048-464-1234

メールアドレス: