twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 教育と学習 > 学校・教育 > 小中学校 > 和光市立学校選択制 > パブリック・コメント結果(和光市立学校選択制実施(案))

ここから本文です。

パブリック・コメント結果(和光市立学校選択制実施(案))

2009年05月08日 08時35分

SPACE「和光市立学校選択制実施(案)」パブリックコメントの意見の概要及び市の見解

 平成20年9月1日(月)~9月20日(土)までの間、「和光市立学校選択制(案)」に対するパブリックコメントを実施したところ、意見が提出されました。なお、これらの意見による素案の修正はありません。概要は、以下のとおりです。


(意見の提出者数 2名)
(意見の提出件数 2件)

市の考え方の区分
◎:意見を反映し、修正した 
△:案を修正しなかった 
□:その他(感想、この案件以外への意見等


意見の概要
  

市の考え方・修正内容

区分

1

何よりも交通事故回避、子どもを犯罪から遠ざけるという安全のため、西大和団地在住者の広沢小への通学を希望します。この学校選択制が認められない場合、「子どもの安全=命を守る」という以上の理由を明確にしてください。 学校選択制は、市内学校の教育環境の適正化を図ることがねらいですが、通学路の整備と安全の確保については、可能な措置を実施してまいります。第四小学校と広沢小学校の選択につきましては、総合的に判断していただくようお願いします。

 △

2

選択制は一見良さそうですが、学校ごとの人数調整に都合の良い方法に思え、児童・保護者は振り回される気がしてメリットは感じません。今後、中学校が新設されず、大和中の教室が慢性的に足りないことが予想されるのであれば、通学区の変更をしたほうがわかりやすく、納得ができます。 大和中の教室数は校舎の増築に伴い平成22年度からは余裕が見込まれております。通学区域の変更については、大変困難な状況がありますので、現在検討しておりません。中学校選択の幅が広がったとお考え戴き、学校の教育方針にご賛同いただける方に選択していただくようお願いします。

 △


お問い合わせ

担当名:学校教育課 指導担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所4階

電話番号:048-424-9149 FAX:048-464-7901

メールアドレス: