twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ

検索の仕方
  • 文字サイズを変更することができます
  • 拡大
  • 縮小
  • 色を変更することができます
  • 標準
  • 1
  • 2
  • 3
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 教育と学習 > 学校・教育 > 教育委員会 > 高等学校・専修学校・短期大学・大学の入学準備金融資制度

ここから本文です。

高等学校・専修学校・短期大学・大学の入学準備金融資制度

2018年08月27日 15時53分

 

和光市入学準備金融資制度は、高等学校(高等専門学校を含む)、専修学校、短期大学及び大学に入学を希望する方で、入学準備金の調達が困難な方に対して融資を行い、市民の教育を受ける機会を助長することを目的としています。

1.  申請者の資格

  • 和光市において、住民基本台帳に記載(ただし、日本国籍を有しない方については、住民票の在留資格欄に永住者又は特別永住者である旨の記載がある方)され、市内に引き続き2年以上居住している方。
  • 高等学校等に入学見込のある方の保護者であること。
  • 市税を完納している方。
  • 入学準備金の調達が困難な方(就学援助対象の方及び就学援助対象でない場合で教育委員会が認めた方)。
  • 連帯保証人(以下「保証人」という。)が1人以上ある方。

2. 連帯保証人の資格

  • 和光市において、住民基本台帳に記載( ただし、日本国籍を有しない方については、住民票の在留資格欄に永住者又は特別永住者である旨の記載がある方)され、市内に引き続き2年以上居住している方。
  • 独立の生計を営む満20歳以上の方で、市税を完納している方。
  • 借受人及び入学準備金の融資を受けようとする者でないこと。
  • ただし、特別の理由があるときは、市外に居住する(住民基本台帳に記載され、引き続き2年以上居住している方)満20歳以上で独立の生計を営み、債務を弁済する能力を有する者を保証人とすることができる。

3. 保証人は、借受人と連帯して債務を負担するものとする。

4. 融資限度額及び利率

  • 融資限度額
     ア 高等学校 50万円
     イ 専修学校、短期大学及び大学 100万円
  • 利率 毎年11月の第1営業日の長期プライムレートを基準とする

5. 償還

  • 償還期間は、融資を受けた日の属する月の翌月から起算して30か月以内とする。ただし、元金返済開始は最大6ケ月間遅らせることができる。(利子の返済は翌月から開始となります。)
  • 融資の償還方法は、元利均等月賦償還とする。ただし、繰上げ償還をすることができる。
  • 次の各号の一に該当したときは、既に行った資金の融資決定を取り消すとともに、既に融資した資金の全部又は一部を繰り上げて償還していただきます。
     イ 和光市外に転出したとき。
     ロ 入学しなかったとき。
     ハ 申請内容に偽りがあるとき。
     ニ 目的以外に使用したとき。

6. 利子の補給

  • 各年度(4月1日~翌3月31日)ごとの償還利子の全額を、借受人の指定口座に、年度末(3月31日)以降に補給します。ただし、入学準備金を融資目的以外に使用したとき、又は正当な理由がなくて償還を怠ったときは、利子の補給を行わないことがあります。

申請の手続き

1. 次の書類を下記受付期間までに、和光市教育委員会学校教育課に提出してください。 

《受付期間》
平成30年9月3日(月曜日)~平成31年1月15日(火曜日)
入学希望校が決まっていれば申請できますので、早めにご相談ください。なお、審査会や金融機関への手続きに期間を要しますのであらかじめご了承ください。 
《申請に必要な書類》
(1) 入学準備金融資申請書(様式第1号)
(2) 家庭調書(様式第2号)
様式第2号の前1年間の平均収入月額欄の所得並びに収入月額は、所得証明書の総所得額及び収入額の12分の1の金額を記入してください。
(3)申請人・保証人の住民票(市内に居住する申請人・保証人の住民票を除く)                                                      (4)卒業(見込)証明書
(5)申請人・保証人の所得証明書及び納税証明書(市県民税・固定資産税・国民健康保険税・軽自動車税等、市税に関するすべての滞納がないという証明)
(6)学校のパンフレット等で、入学金及び支払期日のわかる資料
(7)その他、教育委員会が求める資料 

2. 申請者希望者が就学援助対象者でない場合は、事前にご相談ください。入学準備金の調達が困難な理由等により、教育委員会が申請資格について決定いたします。

3. 提出された書類等に基づき、審査会で融資の可否及び融資額を決定し、申請者にその旨を通知します。

(各月15日までの申請分は翌月末に結果をお知らせします。)

4. 融資決定通知を受けた場合は、指定金融機関((株)埼玉りそな銀行和光支店、(株)東日本銀行和光支店、川口信用金庫和光支店、あさか野農業協同組合)にて借入手続きを行っていただきます。

5. 金融機関からの融資は、入学予定先の合格通知を教育委員会に提出していただいた後、実行となります。(融資額の交付までには金融機関により手続きの時間を要しますのであらかじめご了承願います。)

6. 融資決定通知を受けた場合であって、諸事情により入学準備金の融資を受けない場合等は、速やかに教育委員会に連絡の上、融資決定通知を返却してください。

7. 金融機関の借入手続終了後、返済予定表の写し等を教育委員会に提出願います。

8. 入学準備金の融資を受けて入学した場合、入学後速やかに在学証明書の提出をしてください。

9. 申請の多いときや、困窮の程度により、希望に添えない場合もあります。ご了承ください。

※ 様式第1号、様式第2号は学校教育課に用意してあります。ご検討されている方は、学校教育課学務担当へご連絡ください。

お問い合わせ

担当名:学校教育課 学務担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所4階

電話番号:048-424-9148 FAX:048-464-7901

メールアドレス: