twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 教育と学習 > 学校・教育 > 教育委員会 > 教育委員会事務局からのお知らせ

教育委員会事務局からのお知らせ

 株式会社本田技術研究所の実証実験に協力します 

教育委員会事務局では、和光市にある、株式会社本田技術研究所が研究開発を行っている小型ロボット「Ropot」(ロポット)の実証実験に協力します。 

 

 【画像提供:株式会社本田技術研究所】 

 

 

 

≪ Ropotコンセプトアニメ 「げんきなただいま」 2020EDIX ≫

  

 

 

 ≪ 君の肩にRopot(60s) ≫

 

 

実証実験の概要 

 小学1年生(7歳)は、交通事故死傷者数が極端に多いという統計が出ており、魔の年齢 と呼ばれています。
そこで、児童の交通安全の意識向上、交通事故防止対策に資するため、実証実験として市のフィールド(下新倉小学校)を提供します。
和光市立下新倉小学校の児童の1年生の内、希望する(最大)25名に約2週間「Ropot」を使用し通学を行いその効果検証を行うものです。

  

  【画像提供:株式会社本田技術研究所】 

 

 

■と  き :令和2年11月25日水曜日から令和2年12月11日金曜日

■場  所 :下新倉小学校の通学路及びその周辺

■実施者 :株式会社本田技術研究所ライフクリエーションセンター完成機開発室

■協  力 :和光市教育委員会(和光市立下新倉小学校)

■連  携 :内閣府(宇宙開発戦略推進事務局準天頂衛星システム戦略室)

   ※なお、「Ropot」は、日本版GPS(正式名称:QZSS)である準天頂衛星システム『みちびき』を利用し測位するようになっており、このことから、準天頂衛星システム『みちびき』の開発・運用を行う内閣府とも連携をしながら進めます。

   ◆ 内閣府の公式ホームページはこちら→ 「本田技術研究所がSLAS対応の見守りロボット端末を開発中」 

 

【わこうっちの豆知識】

 準天頂衛星システム『みちびき』(QZSS=Quasi-Zenith Satellite System)は、内閣府宇宙開発戦略推進事務局が運用する準天頂衛星などを用いて構築された我が国の衛星測位システムです。準天頂衛星は、一定時間日本のほぼ真上に位置する軌道をとる衛星です。そのため、高層ビル街や山間部などの環境においても、 GPSなどを補完・補強し、人や自動車などの対象位置をサブメートル~センチメートルレベルで特定できる高精度な衛星測位が可能となっています。「Ropot」は、この準天頂衛星システム『みちびき』の電波を利用し、現在地を測位しているため、道路のどちら側を歩いているか、交差点に接近しているかなど、高精度に児童の位置を特定することができるようになっています。 

 

  

       

 

      

 

 ※ 実証実験期間中(令和2年11月25日水曜日から令和2年12月11日金曜日)は、モニター児童への行動観察やマスコミ関係等の取材撮影などがありますので、皆さまのご理解とご協力をお願いします。  

 

 

 和光市で実施のホンダ「Ropot」実証実験が下記のとおり報道されました

  埼玉新聞(2020.11.17)・・・・・・・・「後方から車が…小型ロボット、小学生に注意 本田技研、交通事故から児童守るロボット開発 和光で実証実験」

  日本経済新聞(2020.11.26)・・・「本田技研と埼玉・和光市、小型ロボで交通事故防止実験」

   NHK(2020.11.27)・・・・・・・・・・・・埼玉NEWS WEB「GPS活用ロボットで事故防止」

 

 

 

 

 小学校1年生の児童にクリアファイルを寄贈していただきました

埼玉県トラック協会朝霞支部様から、交通安全キャンペーンの一環としてクリアフォルダー1,600枚を寄贈していただきました。 

 埼玉県トラック協会朝霞支部様は、毎年10月9日の「トラックの日」に際し、交通安全キャンペーンの一環として、「交通安全標語」及び「埼玉県トラック協会朝霞支部・青年部会」名入りクリアホルダーの寄贈をしていただきました。市内の小学1年生の児童に配布します。

 

 

  大久保教育長(左)と、埼玉県トラック協会の方と記念撮影

 

 

 

   

 目録(左)と、たくさんのクリアホルダーを毎年、1年生の児童に寄贈していただいております。いつも、ありがとうございます。
 埼玉県トラック協会朝霞支部の皆さん、今日も一日安全運転ありがとうございます。

 

  

 

 

 

 

 市民の方から古民家園の手造り模型を寄贈していただきました

 市内在住の辻様から、市内各小・中学校にすべて手作りの古民家の模型を寄贈していただきました。

  辻様は、ある時、大腿骨骨折という大きな怪我をしてしまいました。それが原因かどうかわかりませんが、時を同じくして腕や指先が完全には動かない状態になってしまったそうです。そんな時、手指を動かすリハビリの意味で古民家の模型を作り始めたそうです。はじめは、ほとんど握力もないような状態からチャレンジしていくうちに、だんだん指先も動くようになってきたそうです。今では、元のように指先も動くようになりました。「辛いことがあっても、何事にも前向きにチャレンジすることで困難を乗り越える。」そんなことを、小・中学生の児童・生徒さんに伝えたいという気持ちで、心を込めた手作りの古民家の模型を寄贈してくださいました。

 (※本人の談話を元にしています。)

 

 

  寄贈いただいた手作り古民家の模型 

 

  定例校長会にて、市内小・中学校の校長先生らに対し、寄贈に至る経緯の説明

 

      

  辻様ご本人による、模型の説明(細部まで本物同様に作り込まれています。)

 

 

左から、吉田議長、辻様、辻様の奥様、大久保教育長 
 辻様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 過去の教育委員会事務局からのお知らせについては、下記からご覧になれます

★過去のお知らせについては、こちら→ 教育委員会からのお知らせ(過去のお知らせ)

 

 

 

お問い合わせ

担当名:教育総務課

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所4階

電話番号:048-424-9143 FAX:048-464-7901

メールアドレス: