twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 教育と学習 > 男女共同参画 > STOP THE DV (配偶者等からの暴力の根絶)

STOP THE DV (配偶者等からの暴力の根絶)

2017年02月01日 13時11分

 配偶者や恋人など、親密な関係にある人、又はあった人からふるわれる暴力をドメスティック・バイオレンスといいます。
 DVは、特別な人にだけ起こるわけではなく、加害者、被害者いずれも、学歴や年齢、職業、収入、社会的地位に関係なく、すべての人が被害者になる可能性があり、すべての人が加害者となる可能性があります。
 
そして、暴力が発生するのは、薬物やアルコールを飲んでいるときばかりではありません。ごく些細なことが暴力の引き金になります。
  DVは、人権を侵害する行為であり、犯罪です!みんなが安全で安心して、心穏やかに過ごせるよう、DVの根絶に向けて取り組みましょう!

 女性に対する暴力根絶のためのシンボルマーク

DV根絶に向けた取組

平成28年11月12日~25日は、「女性に対する暴力をなくす運動」を実施しています。

 国の男女共同参画推進本部では、上記期間「女性に対する暴力をなくす運動」を実施しています。

 詳細は、内閣府ホームページをご覧ください。 

  内閣府ホームページ「女性に対する暴力の根絶」

 


平成27年度以前の取組についてはこちらをご覧ください。

DVの種類

DVのサイクル

DVに関する意識をチェック

パートナーは・・・

  • あなたを「バカ」「ブス」と呼びますか?
  • あなたの行動をチェックしますか?
  • 怒ったときに物にあたったりして怖いと感じる行動をしたことがありますか?
  • 怖いと感じる行動のあとに謝ることが多いですか?
  • すごく優しいのに突然怒り出すことはありますか?
  • ケンカした後に「お前が怒らせるようなことをしたからだ」などと言ってあなたを責めますか?
  • 大切なことを勝手に決めてしまったりしますか?
  • 僕のことを愛していないのか?と言って気が進まないことをさせますか?

 

あなたは・・・

  • 週末が近付くと憂鬱な気持ちになりますか?
  • 夕方、玄関のドアが開くと「ドキッ」としますか?
  • ついついパートナーの顔色をうかがっていませんか?
  • 「パートナーが怒るのは私が未熟だからだ」思っていませんか?
  • パートナーとの関係は「誰にも相談できない」と思っていませんか?

出典:エープラス ひとり親家庭サポートセンター

一つでも該当する項目があったら、DVではないかと考えてみましょう

相談先

 埼玉県男女共同参画推進センター(With Youさいたま)

  • 電話番号  048-600-3800
  • 相談時間  月曜日~土曜日(祝日・第3木曜日及び年末年始を除く) 10:00~20:30        
     
    

埼玉県婦人相談センター DV相談担当

  • 電話番号  048-863-6060
  • 受付時間 月曜日~土曜日 9:30~20:30 / 日曜日、祝日 9:30~17:00  

和光市地域包括ケア課 総合相談支援調整担当

  • 電話番号  048-424-9124
  •  受付時間 月曜日~金曜日(祝日及び年末年始を除く) 8:30~17:15

離婚の相談は、和光市法律相談

女性が抱える様々な悩みについては、和光市女性相談へ 

緊急を要する場合は、警察(110番)へ

 関連リンク

 配偶者からの暴力被害者支援支援(内閣府男女共同参画局)

配偶者からの暴力に関する相談(埼玉県男女共同参画推進センター)

お問い合わせ

担当名:地域包括ケア課

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階 FAX:048-466-1473

メールアドレス:   メール

社会保障政策担当 電話番号:048-424-9121

総合相談支援調整担当 電話番号:048-424-9121