協働提案事業 平成25年度実施事業

2018年10月11日 13時08分

実施事業名 

実施団体 

 

【市民提案】
吹き矢で介護予防

NPO法人ぽけっとステーション

【報告書】完了報告書・収支決算書(80KB; PDFファイル)
【報告書】実績報告書(167KB; PDFファイル)
【評価書】協働推進懇話会委員による評価(105KB; PDFファイル)

【行政提案】
子育て家庭孤立防止活動(ホームスタート)

NPO法人わこう子育てネットワーク 【報告書】完了報告書・収支決算書(156KB; PDFファイル)
【報告書】実績報告書(611KB; PDFファイル)
【評価書】協働推進懇話会委員による評価(110KB; PDFファイル)

 

協働事業提案審査結果【平成25年度事業実施】 

提案された事業 

【市民提案】

提案事業名

提案事業概要

1

吹き矢で介護予防                  

吹き矢をすることで、口腔ケアや腹筋等筋力向上し、遊びながら、体力向上や意欲向上につなげる。

 

【行政提案】

提案テーマ

 テーマ提案課 事業提案団体数

提案事業名

 1  

(仮称)中央第二谷中地区第5公園維持管理 

建設部
都市整備課

0件

 2  子育て家庭孤立防止活動(ホームスタート)  保健福祉部
こども福祉課

1件

 1.子育て家庭孤立防止活動(ホームスタート)

 

審査結果 

和光市協働事業審査委員会が、平成24年10月26日に協働事業提案の審査を行ない、下記の事業が採択されました。

【市民提案】 

団体名

提案事業名

提案事業概要

NPO法人
ぽけっとステーション

吹き矢で介護予防                     

健康寿命をのばすために、口腔内のケアや健康的な食生活が必要であるが、きちんと行える高齢者は少ない。
吹き矢をすることで、口腔ケアや腹筋等筋力向上し、遊びながら、体力向上や意欲向上につなげる。

市民提案型協働事業実施計画書(99KB; PDFファイル)
協働事業予算計画書(60KB; PDFファイル)
※この事業実施計画書及び予算計画書は申請時のものです。担当課との事業実施に向けた協議の中で変更する場合があります。

 ※ 評価点 30点満点中21.14点(委員7名の平均点)
 ※ 評価点 20点未満は選定しないものとする。

 

【行政提案】(テーマ) 子育て家庭孤立防止活動(ホームスタート)

団体名

提案事業名

提案事業概要

NPO法人わこう子育てネットワーク

子育て家庭孤立防止活動
(ホームスタート)

気軽に使えるアウトリーチによって、一番大変な時期に子育て家庭が孤立から脱却できる仕組みを持つことは、虐待などの深刻な問題発生を予防する大きな助けになり、将来の問題の発生を予防する可能性があるのではないかと考えている。
ホームスタートは地域の子育てボランティアが研修を受けて訪問支援を行う地域の力を生かしたピアサポート(同じ立場の仲間によるフレンドシップに基づく支援)であり、子育ての先輩が親の気持ちを傾聴し一緒に子育てする(協働)する支援は拠点と同様に育児不安の軽減に高い効果を発揮することが期待できる。

行政提案型協働事業実施計画書(4144KB; PDFファイル)
協働事業予算計画書
(955KB; PDFファイル)
※この事業実施計画書及び予算計画書は申請時のものです。担当課との事業実施に向けた協議の中で変更する場合があります。

 ※ 評価点 24点満点中19.85点(委員7名の平均点)
 ※ 評価点 16点未満は選定しないものとする。

 

審査経過 

 9月1日(土曜日)~9月20日(木曜日) 提案募集 
  【応募】市民提案 1件・行政提案 1件
 9月4日(火曜日)  募集説明会・昨年度の提案団体による事例報告会・テーマ別意見交換会
 9月28日(金曜日) 第1次審査 
【書類審査】審査委員会による協働事業対象事業としての要件確認ほか
《結果》市民提案1件・行政提案1件の全てを第2次審査へ移行させる
 10月26日(金曜日) 第2次審査 【公開プレゼンテーション・ヒアリング】
採択候補事業の選定
                 

 選定審査方法

選定にあたっては、和光市協働事業提案制度実施要綱及び公募要領に従い、
審査基準を定め、申請者の書類審査、公開ヒアリング等を実施し、審査を行いました。

合計点数が委員の合計点数を委員数で除した値が20点(行政提案については16点)
に満たない提案は、採択しないものとします。

 

◆審査基準

 ◇ 市民提案型 ・・・(1)~(10)を適用します。

 ◇ 行政提案型 ・・・(2)・(4)・(5)及び(6)~(10)

 

(1)事業の必要性

公共的課題の解決や地域の活性化等について現状が把握され、市民に必要とされている事業(又は企画内容)であるか

(2) 公益性・市民

サービスの向上

不特定多数の市民の利益、市民サービスの向上につながる事業(又は企画内容)であるか

(3)具体性

事業内容、実施方法は具体的で、実現可能な提案内容であるか

(4)継続性・発展性

事業に継続性があり、団体等の自主的な活動による発展が認められるか

(5)適正な予算

事業内容に照らして適正な予算の積算がされているか

(6)協働の必要性

事業目的達成のための団体と市との協働の必要性が明確になっているか

(7)役割分担の

妥当性

団体と市との役割分担が明確で、相互の特性を生かした妥当なものであるか

(8)協働の効果

団体又は市が単独で行うよりも質の高い市民サービスを提供でき、団体、市にとってのメリットや他の地域や他の団体への成果の広がりが期待できるか

(9)事業実施能力

提案団体には、事業実施に必要な知識、技術、体制等があり、市と効率よく連携を図ることができると認められるか

(10)事業に対する

熱意

提案事業に対する熱意があると認められるか

    ※ 各項目3点満点

 

 採択事業の決定について

審査委員会からの報告を受け、平成25年度事業として決定しました。
担当課と協働事業に関する協議を実施し、平成25年度予算の成立を受けたため、
平成25年事業として実施中です。

お問い合わせ

担当名:市民活動推進課 協働推進担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所6階

電話番号:048-424-9120  FAX:048-464-2090

メールアドレス: