twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ

検索の仕方
  • 文字サイズを変更することができます
  • 拡大
  • 縮小
  • 色を変更することができます
  • 標準
  • 1
  • 2
  • 3
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > くらしと環境 > みんなでつくる市民協働 > 和光市協働指針の一部見直しについて

ここから本文です。

和光市協働指針の一部見直しについて

2019年03月15日 10時57分

 「和光市協働指針」は、市民と市が協働を進めていくため、協働の考え方やその進め方を共有することを目的として、平成19年8月に策定したものです。平成25年に改定し、さらに今回、施策の進捗状況や社会情勢の変化等に合わせて、一部見直しを行いました。 

 平成25年改定から5年が経過し、スマートフォンの普及など、SNS等による情報ツールが大きく変化しています。また、人生100年時代と言われるように、平均寿命が伸び、定年退職が延長されつつあります。その中で、定年後だけでなく現役の若い世代においても同様に、世代や立場を超え、地域との関わり方が大きく見直される時代となってきました。

 これらの状況を踏まえ、市民との協働をさらに推進するため、本指針の改定(案)を作成しました。

 和光市の協働は、第四次和光市総合振興計画に掲げる「みんなでつくる 快適環境都市 わこう」を目指し、市民と市の協働により、共通の課題や目標に向け協力し、自立した協働のまちづくりを実現していくため、世代や立場を超えた多様な主体との連携によって、「みんなでつくる」まちづくりを進めていきます。

 ※今回の見直しは、協働に対する考え方や進め方を見直すものではありません。 

パブリック・コメント募集

期 間  平成31年3月4日(月曜日)~平成31年3月24日(日曜日)
詳 細  こちらのページをご覧ください(3月4日公開予定)

和光市協働指針改定(案)の説明会を行います  ~ぜひお越しください~

 日 時  平成31年3月4日(月曜日)10:00~
 場 所  市役所6階 市民交流スペース
 備 考  予約不要です。直接会場へお越しください。

協働指針の見直し経過 【平成31年改定予定】

協働指針の一部見直しに係る意見交換会

 協働指針の一部見直しを行うにあたり、協働などに対する意見交換会を行いました。

  • 日時/平成30年10月19日(金曜日) 10時~12時
  • 場所/市役所6階市民交流スペース(市民活動推進課隣)
  • 対象/市民、もしくは市内で活動している団体に所属している方

市民活動団体実態調査 

  • 回答期間 平成31年1月7日(月曜日)~2月5日(日曜日)
  • 調査対象 市民協働推進センター登録団体(65団体)
  • 回答者数 22名(団体) 

 協働推進懇話会

  • 第2回 平成30年11月21日(水曜日)
  • 第3回 平成31年 2月20日(水曜日)

パブリック・コメント募集

  • 期間/平成31年3月4日(月曜日)~平成31年3月24日(日曜日)
  • 説明会開催/平成31年3月4日(月曜日)10:00~   場所/市役所6階 市民交流スペース 

和光市協働指針の趣旨

 

 今日、急激な少子高齢化、高度情報化、国際化などの社会状況がますます進む中、本格的な地方分権社会の進展とともに、地方自治体は、国への依存体質から脱却し、地域の特性を生かした特色のある自立したまちづくりが強く求められています。
 これまで地方自治体は、公共サービスについて、広く公平で均一的なサービスの提供を中心としていましたが、これからは、住民の価値観、ライフスタイルの変化に伴うニーズの多様化、高度化に対応した、より柔軟できめ細やかなサービスが求められています。しかしながら、一方で財源と人員は限られています。こうした社会情勢を背景に、これらの公共サービスは地方自治体だけが提供していくものではなくなりつつあります。実際に近年、自治意識を持った住民や団体等が、行政と連携、協力し、多様なニーズに対応した公共サービスの一翼を担いはじめています。
 このような大きな変化の中、和光市においても、地域の特性を生かしつつ、自立した、まちづくりを実現していくために、市民と市がともに公共を支えていくことが必要です。
 また、市民が公共を担い、自分が所属するコミュニティをより良くするために、地域活動を行うことで、安心かつ、市民一人ひとりが生き生きと輝き、住んでいることを誇りに思え、市に愛着や帰属意識が生まれるような魅力的な地域づくりができるようになります。
 市では、第四次和光市総合振興計画において、市民と市との協働を推進することを定めています。そのためには、市の職員と市民が協働に関する理解を深め、協働の仕組みを構築していかなければなりません。
 この和光市協働指針は、市民と市が協働を進めていくため、協働の考え方やその進め方を共有することを目的として策定しました。

和光市協働指針の構成

1 指針改定にあたって

 

 

 

和光市協働指針【平成25年1月改定版】

 

(427KB; PDFファイル)

 (1) 改定の背景
 (2) 指針の趣旨
2 協働についての現状と課題
 (1) 市の現状
 (2) 市民の現状
 (3) 課題
3 協働についての基本的な考え方
 (1) 協働の意義
 (2) 協働を進める上での基本原則
 (3) 協働の主体と主な特性
 (4) 協働に関する活動領域
 (5) 協働の形態
4 協働の推進に向けて
 (1) 意識啓発と相互理解の推進
 (2) 協働に関する情報の共有
 (3) 協働システムの構築
 (4) 協働の環境整備
5 今後に向けて

 

 

和光市協働指針のこれまでの経緯

adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
バナーをクリックすると新規ウィンドウが開きます。

お問い合わせ

担当名:市民活動推進課 協働推進担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所6階

電話番号:048-424-9120  FAX:048-464-2090

メールアドレス: