twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > くらしと環境 > 消費生活 > くらしの緊急情報 > サブスクリプションサービスの契約・解約トラブル

ここから本文です。

サブスクリプションサービスの契約・解約トラブル

2020年09月04日 13時42分

 

消費者被害の未然・拡大防止のため、埼玉県消費生活支援センターが発信している消費者啓発参考情報「くらしの110番」を提供します。 
様々な消費者トラブルの事例やアドバイスを知ることができますので、ご参照ください。
詳細は、埼玉県消費生活支援センターのHPも併せてご確認ください(県センターのHPへ移行します)。

サブスクリブションサービスの契約・解約の相談が寄せられています

サブスクリプション・サービスとは、月額料金等の定額を支払うことにより、契約期間中、商品やサービスの利用が可能となるものをいいます。
商品も増えつつあるサービスですが、契約や解約についての相談が寄せられています。

■相談事例
(1)久しぶりに、ここ数か月分のクレジットカードの明細を見ると、毎月2千円の引き落としがされていた。動画配信サービスの月額料だ。半年前に「31日間視聴無料」という広告を見て会員登録したが、無料期間終了前に解約したはずだ。

(2)2週間無料の電子漫画サービスに登録申請したが、登録完了のメールが届かなかったので、もう一度申請し直した。後日、解約したはずなのに何か月も請求があり、調べると、初めの登録申請はメールアドレスの入力ミスのため完了メールは届かなかったが、
登録はできていた。解約できていたのは、やり直した2回目の申請分だけで、初めの申請分の契約は継続していた。

(3)ポータルサイトの有料会員を解約したいが、IDを忘れてしまった。そのサイトにログインできないので、解約も相談もできない。どうしたら良いか。

 解約したはずなのに請求が続く理由として、「一度の契約手続きで複数のサービスに同時加入していて、解約はサービスごとにするとは知らなかった」「登録時の入力ミスや以前に登録していたことを忘れ、多重に契約(IDやアカウントを取得)していたが、解約は1つしかしていなかった」「専用アプリを削除すれば解約になると思っていた」など、解約が正しくできていなかったことが挙げられます。
 契約内容・解約方法が分かりにくいほか、解約しようにも事業者と連絡が取れないといったトラブルも起きており、事業者の対応の改善が求められる一方で、消費者の確認不足によるトラブルも散見されるので、注意が必要です。

■消費者へのアドバイス
(1)契約の内容、解約方法、事業者の連絡先などを契約前に確認しましょう。

(2)ユーザー情報の入力は慎重に行い、IDやパスワード・登録した情報(住所やメールアドレスの変更など)はしっかり管理しましょう。

(3)まめに引き落とし口座の履歴やクレジットカードの明細を確認しましょう。

 

 ★困ったときは、お近くの消費生活センター等にご相談ください。
  和光市消費生活センター:048-424-9116(直通)又は消費者ホットライン188(イヤヤ)
 

お問い合わせ

担当名:市民活動推進課 相談・消費者担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所6階

電話番号:048-424-9129  FAX:048-464-2090

メールアドレス: