twitter 携帯サイト 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > くらしと環境 > 消費生活 > くらしの緊急情報 > 新型コロナウイルス給付金関連の詐欺に注意!!

ここから本文です。

新型コロナウイルス給付金関連の詐欺に注意!!

2020年06月11日 16時53分

 独立行政法人国民生活センターが、新型コロナウイルス感染症対策の給付金等に関する消費者トラブルについて、ホットラインへの相談状況を発表しました。

 

 ■相談事例 
(1)給付金の手続きができると思いアクセスしたサイトに、マイナンバーカードの情報を教えてしまった。
(2)高齢の母が、訪問してきた誰かに銀行通帳やマイナンバーカードを渡してしまった。
(3)自宅に自治体を名乗り給付金申請手続きサービスをすると電話があった。
(4)「給付金の受付番号が届いていない」と電話があり、振込先銀行口座を教えた。
(5)「手続きを急いでいる方」と書かれた給付金申請書がポストに入っていた。
(6)郵送で申請した直後にSMSが届き、口座番号や暗証番号を入力してしまった。

 ■消費者へのアドバイス
○「給付金の手続きに必要」などどウソの説明をしたり、自治体や給付金申請手続きの代行などを騙り、自宅への訪問や電話、メール等により個人情報・銀行等の通帳や口座番号・キャッシュカード・マイナンバーカードなどの情報や金銭を詐取しようとする手口に注意しましょう。
○暗証番号、口座番号、通帳、キャッシュカード、マイナンバーは、「絶対に教えない!渡さない!」
○市町村や総務省などが、以下のようなお願いをすることは絶対にありません!
 
・現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること
 ・給付金の受給に当たり、手数料の振り込みを求めること
 ・メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること

○「怪しい」と思ったら、まず、ご相談ください。
 ・消費者ホットライン「188(いやや!)」番:最寄りの市区町村や都道府県の消費生活センター等をご案内する全国共通の3桁の番号です。
 ・新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン:0120-213-188(10時~16時)
 ・お住いの市区町村
 ・お近くの警察署(朝霞警察:048-465-0110)
 ・警察相談専用電話「♯9110」

   
詳しくは、以下のホームページをご確認ください。
国民生活センター「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」の受付状況(第1報)-通帳やマイナンバーなどは、絶対に教えない!渡さない!-
➡〈追加〉「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」の受付状況(第2報)-通帳やキャッシュカード、マイナンバーなどは絶対に教えない!渡さない!-

お問い合わせ

担当名:市民活動推進課 相談・消費者担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所6階

電話番号:048-424-9129  FAX:048-464-2090

メールアドレス: