twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > くらしと環境 > 仕事と産業 > 勤労者支援 > 障害者の法定雇用率が引き上げられました

障害者の法定雇用率が引き上げられました

平成30年4月1日から障害者の法定雇用率が引き上げになっています

 障害者がごく普通に地域で暮らし、地域の一員として共に生活できる「共生社会」実現の理念の下、すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があります(障害者雇用率制度)。

   この法定雇用率が、平成30年4月1日から以下のとおり引上げられました。

 事業主区分 

平成30年3月31日以前

現行 

 民間企業

2.0%

 2.2%

 国、地方公共団体等

 2.3%

 2.5%

 都道府県等の教育委員会

 2.2%

 2.4%

法定雇用率

  

対象となる事業主の範囲が「従業員45.5人以上」に広がります。

   従業員45.5人以上50人未満の事業主の皆さまは特にご注意ください。

平成33年4月までには、更に0.1%引き上げとなります。

また、障害者雇用義務の対象として、これまでの身体障害者、知的障害者に精神障害者が加わります。

   あわせて、精神障害者である短時間労働者の算定方法が変わります。

 障害者雇用率制度と障害者雇用義務については、厚生労働省のサイトをご覧ください。

   ・「障害者雇用率制度

   ・「障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わりました

  

障害者雇用に関する各種相談や職業紹介の問い合わせは、管轄のハローワークまで

  ハローワーク朝霞 〒351-0011 朝霞市本町1-1-37 ☎048-463-2233