ここから本文です。

    

    和光ブランドFaceBook は、こちらから 

和光ブランド認定基準

 認定対象商品

  

市内で生産、製造、開発又は加工されたもので、次に掲げるものとする。

 

(1) 一次産品(米穀類、野菜類、果実類、花卉類、畜産品その他) 

(2) 加工品(米穀類加工品、麺類、野菜・果物等加工品、調味料、畜産加工品、菓子類、水産加工品、菓子類、飲料その他)

(3) 工芸品(織物、染色品、陶磁器、漆器、木工品、金工品、石工品、文具その他)

(4)  工業製品及び工業技術(一般機械器具、電気機械器具、情報通信機械器具、輸送用機械器具、精密機械器具その他)

(5) 飲食店メニュー(一般食堂、日本料理店、西洋料理店、中華料理店、そば・うどん店、すし店   喫茶店、居酒屋その他) 

 

 

認定基準

 5つの基準により総合的に審査し認定します

  

1 和光らしさ

(1)和光の人や自然の恵みに育まれたものである。

(2)和光ならではの自然、歴史、伝統、文化等の地域に根ざしたストーリー性や話題性がある。

(3)商品説明やサービスを通じて、和光への愛着又は郷土愛が生まれる可能性がある。

 

 

2 独自性・優位性

(1)品質や味等の特性において、他の地域又は他の類似商品との差別化が図られている。 

(2)ネーミング、デザイン、パッケージ、レシピ等において優位性が確保されている。

 

 

3 信頼性・安全性

(1)優れた生産技術を有し、品質の維持及び向上のための仕組みを有している。

(2)信頼性の裏付けとなる客観的な事実(食品においては商品の消費期限等の明確な根拠等)を有している。

(3)環境の配慮又は安全性の高い生産方式若しくは原材料を使用する取組を行っている。

 (農産物においては低農薬又は有機野菜であること。食品においては食品添加物を使用していないこと、

  又は成分規格及び表示基準の法令を遵守していること。)

 

 

4 市場性・将来性

(1)消費者ニーズ合致し、かつ、市場性を有している。

(2)将来にわたり、ブランドとして維持され、継続的かつ安定的な生産・販売が見込まれる。

(3)観光資源として、魅力ある要素を有している。

(4)和光市に対するイメージ向上への貢献が期待できる。

 

5 その他セールスポイント

(1)独自の工夫、優位性、その他セールスポイントがある。

 

 

 

お問い合わせ

担当名:産業支援課 産業育成支援担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所6階

電話番号:048-424-9114  FAX:048-464-1192

メールアドレス: