twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > くらしと環境 > 緑化推進 > 緑のカーテン > 和光市庁舎に緑のカーテンの苗を植えました 2016

和光市庁舎に緑のカーテンの苗を植えました 2016

 今年度は和光市庁舎に緑のカーテンを設置しました。

 ゴーヤの成長とともにカーテンができる様子を紹介していきます。

緑のカーテン(ゴーヤ)成長日記

植え付け初日(6月3日)

 今回の設置場所は、市庁舎と文化センター展示棟の間の通路で、こども福祉課の外側になります。
 ここは午前中の日差しがよく当たるところで、カーテンの効果が待望されています。
 昨年度はプランターでしたが、今年は地植えなので、成長が期待できます。が、風が強いのが難点です。
 緑のカーテンがうまくできるよう見守っていきたいと思います。 

 

1か月後( 7月4日)

 梅雨の中、ゆっくりゆっくりですがツルが伸びてきました。
 昨年はほとんど実がならなかった反省を生かし、今年は早くから親ヅルを摘心し、子ヅル、孫ヅルを伸ばすように仕立てました。ゴーヤは子ヅル、孫ヅルに実がなりやすいそうです。
 しかし、雄花のつぼみは毎日のようにできますが、雌花はなかなか付きません。
 今はツルや葉の成長を優先させたいので、つぼみはどちらも摘んでしまいます。
 ある程度カーテンが出来上がり、実を育てるようになったときにたくさん雌花が付くといいなと願います。 

 

梅雨明け( 7月28日)

 長かった梅雨も明け、いよいよ夏本番です。

 ゴーヤはすっかり成長し、ネットを覆いつくすほどになりました。相変わらず雄花ばかりですが、たまに見かける雌花が実を結び、ゴーヤの実も大きくなり始めました。
 近づくと株全体からかすかにゴーヤ特有の苦い香りがします。そのせいでしょうか、虫が付いたりすることもなくきれいな葉が並びます。
 緑のカーテンは、日よけ効果だけでなく、見た目にも緑がとても爽やかです。

    

8月中旬 

 ゴーヤは最盛期を向かえ、ネット全体に緑の葉をぎっしりと茂らせ、いくつもの実をぶら下げています。
 夏の暑さも真っ盛り。カーテンの表側と裏側で温度の違いを比べてみました。(葉の表と裏に5分間温度計を設置)

8月16日 天気:晴れ 測定時間:午前11時 

 表側では34度、裏側では31度でした。
 今日は台風前で薄い雲が多いため、直射日光も弱かったですが、カーテンの表と裏では3度の違いがありました。
 体感温度もカーテンの裏側にいるときは涼しく感じられました。

8月19日 天気:快晴 測定時間:午前11時45分

 表側では37.5度、 裏側では31度でした。
 くっきりと濃い影を映し出す夏の日差しは37度を越えていました。カーテンの表と裏との温度差は6.5度にもなり、葉の裏に回るととても涼しく感じられました。カーテン越しに吹く風はとても爽やかで、とても気持ちのよいひとときでした。
 緑のカーテンの素晴らしい効果を体感できました。家庭の庭やベランダに設置すれば、クーラーを使う時間をかなり減らせるのではないでしょうか。

 

お問い合わせ

担当名:環境課 環境計画担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所6階

電話番号:048-424-9118  FAX:048-464-1192

メールアドレス: