ここから本文です。

景観作物の奨励

2018年04月10日 14時41分

 

 農業就労者の高齢化や、後継者不足により、農地の管理が難しくなる中で、農地の環境保全が必要とされています。 農業団体などに協力をお願いし、景観作物を、アグリパーク内の農地や水路敷などに植栽し、景観の維持に務めています。
 この事業は、農地を緑地空間としても活用していこうとするもので、営農の継続と、地域環境保全の両面から有効利用を図ろうとするものです。 

 

   (撮影日 平成30年4月8日)

 場所  新倉8丁目地内
 循環バス停留所「アグリパーク入口」から外環方面
 へ100m程度
 生産者  新生蔬菜生産組合
 見ごろ  4月中旬~4月下旬
 

 

 

(撮影日 平成28年10月30日)

 場所  新倉8丁目地内
 循環バス停留所「アグリパーク入口」から清掃センター方面へ300m程度
生産者  和光市農業後継者倶楽部
見ごろ  10月下旬~11月上旬
 

 

 

(撮影日 平成29年3月28日)

 場所  新倉8丁目地内
 循環バス停留所「アグリパーク入口」から外環方面
へ100m程度にあるチューリップ畑を右に曲がって30m程度
生産者  坂下土地改良区環境保全組合
見ごろ  3月下旬~4月中旬

特徴

(1) 景観作物を推奨することで、都市の憩いの場として農地の有効利用を図ります。
(2) 強風時の土ぼこり、集中豪雨時の土砂の流出などを防ぐため、緑化を推進することで農地の環境を保全します。

お問い合わせ

担当名:産業支援課 農業振興担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所6階

電話番号:048-424-9115  FAX:048-464-1192

メールアドレス: