twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
参議院議員通常選挙 投票・開票結果 > ホームページ > くらしと環境 > 戸籍・住民票・印鑑登録 > 各種証明書 > 住民票の写し等の交付手数料が変わります(平成30年7月1日から)

住民票の写し等の交付手数料が変わります(平成30年7月1日から)

平成30年7月1日(日曜日) から住民票の写し等の交付手数料が変わります

平成30年和光市議会3月定例会において和光市手数料条例が改正され、各事務に係る手数料の見直しが行われました。
見直しの結果、住民票の写し、印鑑登録証明書等の手数料が変わります。

平成30年7月1日(日曜日)から手数料が変わる事務について、詳細はこちらをご覧ください。

郵送により住民票の写し等の交付請求を行う際はご注意ください

郵送による交付請求が平成30年6月30日以前に発送されたものであっても、平成30年7月1日以降に戸籍住民課に到着した場合は、新手数料が適用されます

余裕をもって投函してくださいますよう、お願いいたします。 

土曜日、日曜日及び祝日は、郵送による住民票の写し等交付請求受付業務を行っておりません

郵送による住民票の写し等交付請求において、改正前の手数料が適用されるのは、平成30年6月29日(金曜日)までに到着し、受付がなされた場合となりますので、ご注意ください。

提出書類等の不備により証明発行日が平成30年7月1日以降になった場合は、新手数料が適用されます

郵送による住民票の写し等交付請求において、その提出書類に不備があった場合、又は請求内容に確認を要する場合等は、和光市役所 戸籍住民課から申請者へご連絡しています。

しかし、連絡がすぐにとれない場合や、不備書類の提出が遅れる場合などの理由によって、和光市からの証明発行が平成30年7月1日以降になった場合は、交付請求が平成30年6月30日以前に到着した場合であっても、新しい交付手数料が適用となり、改正前の手数料との差額分を追加でいただくことになります。

提出書類等に不備がないよう十分ご注意ください。

お問い合わせ

担当名:戸籍住民課 住民担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階

電話番号:048-424-9112  FAX:048-460-3146

メールアドレス: