ここから本文です。

旧外国人登録原票の内容について

 平成24年(2012年)7月9日を以って外国人登録制度が廃止となり、外国人住民の方も住民票に登録される新制度が開始されました。

 新制度の開始に伴い、旧外国人登録の情報を記載してある「外国人登録原票」は法務省が管理することになったため、市では旧外国人登録原票に記載されていた内容についての証明書を発行することができません。

 住民票に登録された外国人住民の方は、住所・氏名・性別・生年月日等を公証する「住民票の写し」の交付を受けることができます。ただし、「住民票の写し」には、平成24年7月8日以前の居住歴、氏名・国籍の変更履歴、父母や配偶者の氏名、上陸許可年月日などは記載されません。

旧外国人登録原票の内容についての情報が必要な場合は法務省へ請求してください

 平成24年(2012年)7月9日以降は、それ以前の居住歴、氏名・国籍の変更履歴、父母や配偶者の氏名、上陸許可年月日など旧外国人登録原票の内容についての情報が必要な場合は、ご本人が直接法務省に開示請求してください。

 開示請求の窓口

 法務省秘書課個人情報保護係
 
電話:03-3580-4111

 法務省ホームページ
 外国人登録法廃止後の外国人登録原票の開示請求に係るお知らせ(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

担当名:戸籍住民課 戸籍担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階

電話番号:048-424-9111  FAX:048-460-3146

メールアドレス: