和光市省エネコンテスト

 市では、子どもたちに日常生活における省エネへの関心を深めてもらうことや、子どもたちが家庭で省エネに取り組むことで、家族全体の環境活動への関心を高めてもらうことを目的に、市内小学4年生を対象に省エネコンテストを行っています。

内 容

(1) 夏休みの宿題として学校を通し省エネチェックブックを配布します。

(2) 省エネを意識しない生活と意識した生活をチェックブックで点検し、結果を確認してもらいます。また、チェックブックをやった感想や自分の省エネ実践内容を記入し、体験を報告してもらいます。

(3) 提出された省エネチェックブックの結果や取組への真剣さ、感想の積極性や実践事例の独創性などの面で優秀な事例を選び、表彰します。

省エネルギーチェックブック

内容は下記よりご覧いただけます。 

省エネルギーチェックブック(6379KB; PDFファイル)

 

  和光市省エネコンテスト2017表彰式を行います

 今年も市内小学校4年生に夏休みの宿題として省エネチェックブックに取り組んでいただき、計673名からチェックブックの提出(回収率96.3%)がありました。

 その中から、優秀者40名と学校賞1校を選出し、表彰します。 

 表彰式の後半では、近年大きな問題になっている強大化する台風や集中豪雨などの原因の一つと言われている地球温暖化の仕組みや、最近の動向などを分かりやすく解説するミニ講演会『地球温暖化って何?』を行います。
 一般の参加も受け付けておりますので、ぜひお越しください。

 

和光市省エネコンテスト2017表彰式

 日時:11月3日(金曜日)10:00~11:40

 場所:和光市中央公民館会議室1

ミニ講演会『地球温暖化って何?』

 日時:11月3日(金曜日)11:00~11:40

 場所:和光市中央公民館会議室1

 講師:嶋田知英氏(埼玉県環境科学国際センター副室長) 

 ※このミニ講演会は和光市省エネコンテスト2017の一環として行われます。

 ※ミニ講演会に参加する一般の方は、環境課環境計画担当(電話:048-424-9118)までお申し込みください。
 ※駐車場に限りがあるため、公共交通機関を利用してください。

  和光市省エネコンテスト2016表彰式

 今年は市内小学校4年生計488名から省エネチェックブックの提出がありました。

 その中から、優秀者40名と学校賞1校が選ばれ、11月3日(木曜日)和光市民文化センター小ホール
にて和光市省エネコンテスト2016表彰式が開催されました。
 

 

  今年の学校賞は「下新倉小学校」です。

 提出率や優秀者の割合から総合的に審査され、選ばれました。

 

 市民環境部長から賞状を受け取る和光市立下新倉小学校代表 会田寛人さん

 

  表彰式後は、東京ガス(株)北部支店の協力により『地球温暖化を防ぐエネルギーの使い方~燃料電池って何だろう~』と題した出張講座が行われました。

 

 講座の様子 

 

 

 提出されたチェックブックより 

 

 家庭で実施している省エネ行動ランキング

1位 なるべくクーラーを使わない、設定温度を高めにするなど

2位  電気をこまめに消す

3位 エコバッグを持ち歩く

4位 いらない紙などを再利用する

5位 家電製品のコンセントを抜く

 

 皆さんの印象的だった感想や意見

 ・ このチェックブックをやって、いろいろなせつやくなどができた気がします。なので、このことをわすれずにやっていきたいと思いました。このことをやるきっかけを作ってくれたことをうれしく思います。

 ・ 気をつけられるものがたくさんあってびっくりしました。これからもこのチェックブックで学んだことをきちんと気をつけて地球温だん化問題をへらせるようにしたいと思います。

 ・ ふだんからしっかりやっていたこともあれば全然気をつけていなかったこともいくつかあったので、夏休みが終わってもこれをつづけていきたいと思います。

 

 皆様、ご協力いただきありがとうございました。

 これからも、普段の生活の中で省エネや地球温暖化について考え、できることから取り組んでいくことが大切なのではないかと思います。

 今後も、この省エネチェックブックを、ご家庭での環境教育の充実のために活用していただければ幸いです。 

和光市省エネコンテスト2015表彰式

 今年は、市内全小学校小学4年生 計555名から省エネチェックブックの提出(回収率は89.2%)がありました。
 その中から、優秀者40名と学校賞1校が選ばれ、10月17日(土曜日)中央公民館にて和光市省エネコンテスト2015表彰式が開催されました。

 

 今年の学校賞は、「和光市立第五小学校」です。
 提出率や優良者の割合などから総合的に審査され、選ばれました。

  

 市民環境部長から賞状を受け取る和光市立第五小学校
 代表児童(左から 上野陽愛さん、小藤智樹さん) 

 また、表彰式後は、東京ガス(株)北部支店の協力により『エネルギーの使い方~燃料電池って何だろう~』と題した出張講座が行われました。
       太陽光の仕組みを実験する様子

 

 チェックブックの中に書いてあった記述で印象的だったのは、「このチェックブックをやってみたら、本当に電気代が安くなりました!」、「やってみたらとっても楽しかったです。こういうことが知れて本当に良かったです。ずっと続けて、温暖化防止のためにがんばります!」というものです。
 みんなで省エネを進めれば、きっと地球温暖化は防げます。
 今後も、この省エネチェックブックを、ご家庭での環境教育の充実のために活用していただければ幸いです。 

平成26年度省エネコンテスト表彰式

 平成26年度は、市内全小学校から計530名の省エネチェックブックの提出がありました。
 その中から、優秀者40名と学校賞1校が選ばれ、10月18日(土曜日)中央公民館にて省エネコンテスト表彰式が開催されました。
 今年度の学校賞は、市立第四小学校です。提出率や優良者の割合などから総合的に審査し、選ばれました。

 市長から表彰状を受け取る学校代表児童 

学校賞授与

 また、表彰式後は、東京ガス(株)北部支店の協力により『エネルギーの使い方~燃料電池って何だろう~』と題し、出張講座が開かれました。

 講座の様子 

 講座の様子1 講座の様子2

 省エネは一日にしてならずです。今回の省エネチェックで実践した省エネ活動は、宿題が終わったから終わりにするのではなく、何か一つからでもいいので、生活の中で習慣化し、長く取り組みを続けていただきたいと思います。
 また、この省エネチェックブックを、ご家庭での環境教育の充実のために活用していただければ幸いです。 

提出された省エネチェックブックより 

省エネ行動ランキング -家庭で実施している省エネ行動の回答で多かったものを紹介します-

 1位 なるべくクーラーを使わない、設定温度を高めにする
 2位 電気をこまめに消す
 3位 お風呂の残り湯などを洗濯などに使う
 4位 エコバッグを持ち歩く
 5位 いらない紙などを再利用する

めずらしかったオススメ省エネ行動

 ・ ご飯を炊くときにアルミホイルに包んだ卵を一緒に入れるとゆで卵ができる
 ・ 不要な場所の電球は取り外す
 ・ 「せんぷうき とめたらぬくよ コンセント」という俳句を考えて扇風機に貼った

adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
バナーをクリックすると新規ウィンドウが開きます。

お問い合わせ

担当名:環境課 環境計画担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所6階

電話番号:048-424-9118  FAX:048-464-1192

メールアドレス: