ここから本文です。

不燃ごみ・有害ごみ

2019年06月21日 10時26分

収集日

  • 収集日の朝、8時30分までに決められた集積所にお出しください。
    (ごみ収集後及び、収集日以外には絶対に出さないでください。)
     
  • 集積所がわからない場合は、ご近所・自治会長・管理人にお尋ねください。

毎週月曜日収集地区

白子4丁目、中央1・2丁目、
新倉3~8丁目、下新倉1~6丁目
毎週火曜日収集地区 白子1・2丁目、丸山台1~3丁目
毎週水曜日収集地区 白子3丁目、新倉2丁目
毎週木曜日収集地区 新倉1丁目、本町
毎週金曜日収集地区 南1・2丁目、諏訪、広沢、西大和団地、
諏訪原団地

不燃ごみ(せともの・ガラス・金物・小型家電製品など)

食器類(せともの、ガラス)、鏡、なべ、アイロン、小型ラジオ、ポット、トースター、傘など。

  • 出し方
    大きさが24cm×24cm×35cm以内のもの。それを超える場合、粗大ごみです。
  • ご注意
    刃物、串、ガラス破片など鋭利なものは危険のないよう、紙に包むなどし、内容を明記して出してください。

有害ごみの種類と処理方法

  • 出し方
    分別排出ルールに従って種類別に、中身の見える透明の袋に入れて、その他ごみ(有害)として出してください。
    なお、ごみの出し方のパンフレット「資源とごみの分け方・出し方」は市役所のほか、市内の各出張所などに置いてありますのでご利用ください。資源とごみの分別にご協力をお願いします。
  • ご注意 
    電池(リチウムイオン電池、乾電池等)が燃やすごみに混入されていたり、スプレー缶類がその他ごみ(不燃)や缶類で排出されている例が見受けられます。
    現在、焼却灰(主灰)は民間業者の施設で再生処理をしており、焼却灰に燃え残った乾電池が含まれていると処理上の支障が起きる場合があります。また、スプレー缶等がその他ごみ(不燃)や缶類に含まれると、残った微量のガスが漏れ、摩擦により発火し、爆発や火災が生じる恐れがあります。
有害ごみの種類 処理方法

スプレー缶、カセットコンロ用ガスボンベ、ライター(中身を使い切ったもの)

中身を使い切ってから、透明なビニール袋(半透明不可)に入れて集積所に出してください。
※プロパンガスボンベは市では処分できません。販売店に戻してください。
乾電池(マンガン・アルカリ)
透明なビニール袋(半透明不可)に入れて集積所に出してください。
各コミュニティーセンター・各公民館・保健センター・市役所などに回収ボックスを設置しています。ご利用ください。
拠点回収もしています。公共施設の拠点回収場所はこちらへ
蛍光灯・水銀含有品(水銀体温計など)
割らずに、販売時についてきたケース等にいれて、ケースがないときは透明なビニール袋に入れて集積所に出してください。
ボタン電池
電気店などにあるボタン電池回収箱に入れてください。
※ボタン電池回収協力店は電池工業会のホームページで検索できます。

  
社団法人電池工業会HPより

充電式電池

(リチウムイオン電池など) 

リサイクルマークのついた充電式電池は、電気店などにある充電式電池リサイクルボックスに入れてください。
リサイクル協力店は一般社団法人JBRCのホームページで検索できます

 

<各種リサイクルマーク>
画像画像画像

アスベスト含有品(小型品)

壊したり、分解せずに、透明なビニール袋(半透明不可)にいれて、「アスベスト」と記載して集積所に出してください。
「アスベスト含有家庭用品の分別収集について」はこちらをご覧ください。
 

スプレー缶、カセットコンロ用ガスボンベ類、ライター類は「その他ごみ(有害)」で排出してください。

市では、平成18年2月からスプレー缶、カセットコンロ用ガスボンベ類、ライター類は「その他ごみ(有害)」として分別収集しています。
一部ではスプレー缶やカセットコンロ用ガスボンベ類が「缶」として、ライター類が「その他ごみ(不燃)」として排出されている事例があり、ごみ収集作業中に発火する事故や処理中に火災が発生しています。
スプレー缶、カセットコンロ用ガスボンベ類、ライター類はそのものだけで透明の袋に入れて、缶やびん用のコンテナには入れないで排出してください。

   

 収集車火災

 清掃センター火災

お問い合わせ

担当名:資源リサイクル課

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所6階 

メールアドレス:  メール

電話番号:048-424-9153 FAX:048-464-1192