twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ

検索の仕方
  • 文字サイズを変更することができます
  • 拡大
  • 縮小
  • 色を変更することができます
  • 標準
  • 1
  • 2
  • 3
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > くらしと環境 > 防災 > 国民保護 > 弾道ミサイル落下の可能性がある場合の対応等について

ここから本文です。

弾道ミサイル落下の可能性がある場合の対応等について

2017年10月16日 09時20分

 和光市では、市民の皆様の生命を守るため、弾道ミサイルの発射を知らせる緊急情報及び弾道ミサイル発射直後に取るべき行動についてお知らせいたします。  

弾道ミサイル発射直後の緊急情報の伝達について

 弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールを送信します。

 

 ミサイル情報のエリアメール・緊急速報メールの着信音は 以下のサイトで確認できます。

 なお、津波や火山情報などに関するエリアメール・緊急速報メールと同じ着信音です。

 弾道ミサイル発射警報が流れた直後に取るべき行動について 

 弾道ミサイルは発射後、数分で到達する可能性があります。

 着弾まで極めて短時間なことから、弾道ミサイル発射を知らせる警報が流れたら、落ち着いて、直ちに以下の行動をとってください。

 

 

 出典:国民保護ポータルサイト

 画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像を表示します。(PDFファイル:463KB)

 

屋外にいる場合

  • 近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中又は地下(地下鉄や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。
  • 近くに適当な建物等がない場合は、爆風や破片等による被害を避けるため、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

屋外にいる場合                                                                                                                         

  • 爆風で割れた窓ガラス等で被害を受けないよう、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。 

自動車の車内にいる場合  

  • 燃料のガソリンに引火する恐れがあります。車を止めて近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中又は地下(地下鉄や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。近くに避難できる建物又は地下施設がない場合、車から離れて地面に伏せ、頭部を守ってください。
  • 高速道路を通行している時など、車から出ると危険な場合は、車を安全な場所に止め、車内で姿勢を低くして、行政からの指示があるまで待機してください。 

 落下物及び不審物を発見した場合について

 落下物及び不審物を発見した場合、決して近寄らず、すぐに警察、消防や海上保安庁に連絡してください。

弾道ミサイルが近くに着弾した場合について 

 弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲が異なりますが、以下の行動をとってください。

屋外にいる場合

 口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋又は風上に避難してください。

屋内にいる場合

 換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

 

 

 

 ☆ 弾道ミサイル情報・航空攻撃情報等の詳細については内閣官房ホームページ「国民保護ポータルサイト」(外部サイト)をご覧ください。

お問い合わせ

担当名:危機管理室

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階 FAX:048-464-1234

メールアドレス:

危機管理担当 電話番号:048-424-9096

防災担当 電話番号:048-424-9097