twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > くらしと環境 > 防災 > 防災対策 > 土のう保管箱を設置しています

ここから本文です。

土のう保管箱を設置しています

2019年05月29日 15時51分

  近年、短時間で狭い範囲に降る局地的大雨が増えており、市内においても、平成26年6月25日に1時間に約105mmの大雨が降り、各地で被害が発生しました。

 大きな被害が発生した地域を中心に、土のう保管箱を設置しています。

 台風等の大雨時に緊急を要する際、水防活動のためにお使いください。 

土のう保管箱(通常時) 

土のう保管箱(利用時) 

設置場所

  • 駅北口土地区画整理事務所 敷地内 1台
  • 外環自動車道側道(新倉1丁目31番地先) 1台
  • 外環自動車道側道(新倉1丁目33番地先) 1台
  • 新倉児童館付近(新倉2丁目1番地先) 1台 
 

使用方法

 使用方法はこちら(2686KB; PDFファイル)

注意事項

  • 緊急時のみ持ち出してください。平常時の対策の場合は、ホームセンター等で各自購入してください。 
  • 数に限りがあります。持ち出しは、最低限(目安として10袋)でお願いします。
  • 土のうを取り出した後は、ふたを閉めてカバーをかけてください。
  • 持ち出した土のうは戻さず、各自で処分してください。
  • 土のうが少ない場合は、危機管理室に連絡してください。

土のう以外の水防工法

簡易水のう

 

 45リットル程度の容量のゴミ袋を二重にし、中に水を半分入れ、それぞれ結ぶ。 

 そのまま使用するか、もしくはダンボール箱に入れて連結して使用する。 

止水版

 

 出入口に、長めの板などを設置する 

プランターとレジャーシート

 

 プランターをレジャーシートで包む 

ポリタンクとレジャーシート

 10~20リットルのポリタンクに水を入れ、レジャーシートで包む。

adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
バナーをクリックすると新規ウィンドウが開きます。

お問い合わせ

担当名:危機管理室

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所3階 FAX:048-464-1234

メールアドレス:

危機管理担当 電話番号:048-424-9096

防災担当 電話番号:048-424-9097