ここから本文です。

駅北口地区高度利用化の検討について

2018年06月04日 13時47分

検討の目的

 和光市は首都東京に隣接し、地下鉄有楽町線及び副都心線の始発駅となる和光市駅と、外環道に2つのインターチェンジが有り、 高い交通利便性を有しています。
 今後、外環道の新たな開通による交通利便性の更なる向上や人口減少に伴う都市間競争の激化といった社会情勢の変化を見据え、民間活力を導入した駅前再開発を実現化し、拠点性向上や賑わい創出を図ることを目的としています。

検討状況 

 高度利用化検討区域

 まちの玄関口である駅の拠点性をさらに高め、高い交通利便性を活かしたまちづくりを進めるため、現在施行中である「和光市駅北口土地区画整理事業」 の駅前広場を中心とするエリアにおいて、駅北口の高度利用化を検討しています。

adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
バナーをクリックすると新規ウィンドウが開きます。

お問い合わせ

担当名:駅北口地区高度利用化推進室

住所:〒351-0111 和光市下新倉1-5-55

地図はこちらをご覧ください。 (新しいウィンドウが開きます)

電話番号:048-450-1606 FAX:048-450-1603

メールアドレス:  e0600@city.wako.lg.jp メール