ここから本文です。

学生納付特例制度

2019年03月26日 13時00分

学生で、保険料を納めることが困難なときは、申請して承認を受ければ、保険料の納付が猶予されます。

対象となる学生

 大学(大学院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校及び各種学校などに在学する20歳以上の学生等の方で、学生本人の前年所得が一定(118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等)以下の方。

申請できる期間

  1.  過去期間・・・申請書が受理された月から2年1か月前まで
  2.  将来期間・・・年度末まで

   今年度、学生納付特例を承認された方で、翌年度も同じ学校に在学される方には、日本年金機構から「学生納付特例申請書(ハガキ)が送付されます。必要事項を記入し、返送することにより学生納付特例の申請ができます。

手続きに必要なもの

  1. 年金手帳
  2. 学生証又は在学証明書
  3. 認印
  4. 会社等を退職して学生になった方は、離職票又は雇用保険受給資格者証(詳細については日本年金機構ホームページをご確認ください。) 

申請先

   市役所健康保険医療課

 

川越年金事務所 電話 049-242-2657

   〒350-1196 川越市脇田本町15-13 東上パールビル3F

ねんきんダイヤル 0570-05-1165 (IP電話・PHS 03-6700-1165)

日本年金機構

お問い合わせ

担当名:健康保険医療課

保険料年金担当 電話番号:048-424-9139

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階 FAX:048-463-8815

メールアドレス: