twitter 携帯サイト 自動翻訳 Transklate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > 国民健康保険 > 医療費通知を発送しました。

医療費通知について

医療費通知を発送しました

  和光市国民健康保険(国保)の加入者を対象に、「医療費通知」を発送しました。

今後の発送スケジュール  

 発送月  記載されている診療月

令和4年11月下旬

令和4年7月分・8月分 

令和5年1月下旬

令和4年9月分・10月分    

令和5年3月下旬

令和4年11月分・12月分 

令和5年5月下旬

令和5年1月分・2月分

令和5年7月下旬

令和5年3月分・4月分 

令和5年9月下旬

令和5年5月分・6月分 

  令和3年度より、奇数月発送に変更しました。       

医療費通知とは 

  医療費通知は、国保の皆さまが、病院、薬局、整骨院など(医療機関等)を受診した際の医療費がどのくらいかかったのか(医療費)、ご自身の負担がどのくらいだったのか(自己負担)をお知らせするものです。また、医療費から自己負担を控除した金額は、国保からの給付(保険給付)でまかなわれています。

 例:義務教育(小学校)就学後70歳未満の場合
    医療費(10割)=自己負担(3割)+保険給付(7割) 

医療費通知の目的

 医療費通知は、皆さまが保険制度に関心を持ち、さらに健康に対する意識を高め、疾病予防と健康づくりに役立てていただくことを目的に送付しています。ただし、診療科目によっては、医療機関の名称が記載されない場合があります。また、皆さまが実際に医療機関の窓口負担した金額と医療費通知に記載された「窓口での支払い額」が大きく異なる場合(☆1)などで、ご不明な点がありましたら、市役所へお問い合わせください。

  ☆1 「窓口での支払い額」は保険適用分のみです。保険が適用されない治療、差額ベット代などは含まれていません。また、窓口での支払いは四捨五入した金額となるため、領収書の金額と一致しないことがあります。  

確定申告の医療費控除について

  医療費通知を利用して医療費控除を受けられる方は、確定申告書に添付する「医療費控除の明細書【内訳書】」の、「1 医療費通知に記載された事項」欄に医療費通知でお知らせした金額の合計を記入し、その医療費通知を添付注1 してください。11月・12月診療分につきましては、「2 医療費(上記1以外)の明細」欄に領収書に基づき記入して、年間の医療費の合計額を算出していただきますようお願いいたします。なお、2 医療費の明細に記入した医療費の領収書(医療費通知に係るものは除きます)は、自宅等で5年間保管しておかなければなりません。

 注1 医療費通知に記載された、被保険者証の記号・番号のうち、番号部分は復元できない程度に塗り潰してください。(令和2年10月1日施行の健康保険法の改正による「告知要求制限」に該当するため)

 

医療費控除の詳細につきましては、国税庁のホームページで確認いただくか、お住まいの地域を管轄する税務署にお問い合わせください。

 

安心してご利用くださいジェネリック医薬品

 医薬品には、一般の薬局・薬店で販売されている「一般用医薬品」と、医療機関で診察を受けたときに医師から処方される「医療用医薬品」があります。さらに、「医療用医薬品」には、新しく開発・販売される「先発医薬品(新薬)」と、先発医薬品の特許が切れた後に先発医薬品と同じ有効成分を同量含み、他の医薬品メーカーにより製造・販売される「後発医薬品」があり、後者を「ジェネリック医薬品」(※)とも言います。

      

 先発医薬品を開発した医薬品メーカーには、その新薬を独占的に販売できる特許期間(20~25年)があり、その期間が終了すると、新薬に使われた有効成分や製法などは国民共有の財産になります。そして、厚生労働大臣の承認を得られれば、他の医薬品メーカーでも「ジェネリック医薬品」として製造・販売が可能になります。

 先発医薬品の研究開発には、約9年~17年程度の長い歳月と数百億円から数千億円を要すると言われる莫大な投資費用が、コストとして薬の値段に反映されています。これに比べてジェネリック医薬品の場合、既に有効性や安全性について先発医薬品で確認されていることから開発期間やコストを大幅に抑えられ、結果として薬の値段も先発医薬品と比べて5割程度、中にはそれ以上安く設定することができます。

 慢性的な病気によって薬を長期間服用する場合などは、ジェネリック医薬品の使用で、薬代の大幅な削減につながります。さらに、自己負担分を除いた薬代は、私たちの保険税などで運営されている医療保険から支払われているため、薬代の削減によって医療保険の支払い額も抑えることで、それに投入される保険税の負担減にもなります。

つまり、ジェネリック医薬品の普及によって、国民健康保険の負担や国の財政負担の削減へ貢献することになるのです。

 

 ジェネリック医薬品を希望する場合、病院・診療所・保険薬局で医師・薬剤師にそのことを伝えてください。医師に直接言いにくいのであれば、受付などで相談するのもいいでしょう。また、「ジェネリック医薬品希望シール」を診察券あるいは保険証に貼付する方法 もあります。

「ジェネリック医薬品希望シール」は、健康保険医療課窓口にもおいてあります。

 ただし、すべての医薬品にジェネリック医薬品があるわけではありませんので、その点はご理解ください。また上記のとおり、ジェネリック医薬品は先発医薬品と有効成分や効果などは変わりませんが、使用されている添加物が異なることもありますので、アレルギーなどがある場合は選択できない場合もあります。

 

 

国民健康保険被保険者に対する傷病手当金と傷病見舞金について

  国民健康保険に加入されている方が、新型コロナウイルス感染症に感染しお仕事を休んだ場合、感染時の職業により傷病手当金又は傷病見舞金を支給いたします。

 適用期間は、令和2年1月1日から令和4年12月31日の間となっています。

 

 傷病手当金は、こちらをご覧ください。 

 傷病見舞金は、こちらをご覧ください。 

いま私たちにできること 

 新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、「手洗い・手指消毒」、「マスクの着用」と「3つの密を避ける」ことです。

 感染力が強い変異株にも、基本的な感染予防対策が有効です。

 

 

 

 

                                                    

                

国保の現状 

  国民健康保険は平成30年度より県と市町村の共同運営となり県単位化されました。保険給付費の大部分は県からの交付金でまかなわれますが、厳しい財政状況はあまり変わりません。医療費の伸びを抑えるために皆さまのご協力をお願いします。

   医療費の伸びを抑えるために、わたしたちにできること

 

お問い合わせ

担当名:健康保険医療課 国保医療政策担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階

電話番号:048-424-9127  FAX:048-463-8815

メールアドレス: