twitter 携帯サイト English 中文 にほんご 自動翻訳 Translate
  • 分野から探す
  • 部署から探す
  • 地図から探す
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 和光の魅力
  • くらしと環境
  • 健康と福祉
  • 教育と学習
  • 都市基盤
  • 市政を身近に
  • あれこれ検索
ホームページ > 健康と福祉 > 国民健康保険 > ジェネリック医薬品(後発医薬品)をご存知ですか

1 ジェネリック医薬品(後発医薬品)について 

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に製造販売される、新薬と同一の有効成分を同一量含み、効き目が同等な医薬品のことです。一般的に、開発費用が安く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。
 
ジェネリック医薬品については、国においても、その使用促進のための施策を積極的に取り組んでいます。

2 ジェネリック医薬品の主な効果 

(1) 低価格で個人負担が軽くなる
  
新薬と同じ有効成分を使用し、開発費用が抑えられるので、低価格です。医療の質を落とすことなく、経済的負担が軽くなります。

(2) 医療費を有効活用できる
  
個人負担の軽減だけでなく日本全体の医療費の効率化が可能です。また、その医療費は新技術や新薬の導入に活用できます。

 

3 ジェネリック医薬品への変更を希望する方 

 

 医師や薬剤師にご相談してください。 

 ※ 全ての薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。また、ジェネリック医薬品の処方ができない場合もあります。

 市役所では、「ジェネリック医薬品希望シール」を配布しています。

 

 日本ジェネリック医薬品学会のホームページでジェネリック医薬品の検索が簡単にできます。詳細はこちらをご覧ください。 

 

4 和光市国民健康保険に加入中の方 


(1) 和光市の取組
   現在処方されている先発医薬品をジェネリック医薬品に切り替えた場合、薬代に差額が出る方を対象に「ジェネリック医薬品差額通知」を年2回送付しています。

 
    差額通知の詳細は、こちら

 

(2) 私たちの医療費を大切に使いましょう。

年々医療費が増加しています。その理由としては、医療技術の進歩・高度化、生活習慣病などの増加、人口の高齢化など私たちを取り巻く社会や環境の多様化が考えられます。このまま医療費が増え続けると、皆さんに納めていただく国保税の引き上げの原因に繋がるだけではなく、国保財政を圧迫し、国民皆保険制度そのものを揺るがすこととなりかねません。
 
医療費の伸びを抑えるために重要なことは、一人ひとりが健康に気をつけ、医療費を抑えていくことです。そして、私たちにもできることはたくさんあります。今後も皆さんが安心して医療を受けられるよう、この機会に医療費について考えてみませんか。

 

 私たちにできること(医療費の伸びを抑えるために)は、こちら

 

    

お問い合わせ

担当名:健康保険医療課 国保医療政策担当

住所:〒351-0192 和光市広沢1-5 市役所1階

電話番号:048-424-9127  FAX:048-463-8815

メールアドレス: